粉ものに注意

最近お問い合わせが多いのが「グリッター(ラメ)」や「ゴールド・シルバー」など、ベースバインダーやプラスチゾルインクベースに粉体を混合して行うプリントです。

中でも「(既製の)インクを購入してプリントしても、巷で見かける様な濃度のあるプリントができないのですが?」というお悩みです。

これがホワイトやレッドなどなど一般色のプリントの件ででしたら、皆さんお解りのようにスキージの硬度やスクリーンメッシュのテンションなどなど、先にご説明することは山ほど有るのですが(笑)

粉ものを混ぜることによって、インクの粘度が上がりますから、スクリーンのテンションが同じであればインクは落ちづらくなりますし、版離れは悪くなりますからワーク(被印刷物)をきちっと糊で固定しなければなりません。

ここまでの話で「おや?」とお思いになった方もいらっしゃると思います。多色プリントの場合、1色プリントする毎にワークが少しでもずれてしまうのを防ぐためにワークを糊で固定しなければならないと思っていらっしゃる方。それは半分当たりで半分間違いです。
版の孔を通過するインクは、孔に全くインクを残さず通過させることは不可能で、ほんの僅かに残ってしまいます。これが版とワークの版離れを悪くさせます。逆に言うと、孔への残留インクが多いほど版離れが悪くなります。
スキージストロークの印圧は強ければ強いほど良いというものではありません。適正な印圧を超えてストロークを行ってもワークとスクリーンメッシュのフィラメント(糸)を押しつぶすだけで濃度は決して上がらず逆にスキージ中央部では逆に濃度は下がります。

適正なスキージストローク圧は、スキージブレードがスクリーンメッシュを押し下げ、ワークと接するその一点にあります。

ですので、時おり、というかしょっちゅう見かける(笑)スキージストロークが終わり、版を持ち上げる際にワーク(Tシャツなど)がふわりと浮き上がっている動画は間違いです。そういう印刷は決まって淡色生地にプリントしている場合が多く、隠蔽性をあまり必要としないものですね。
また、スキージが版上を通過している部分をよく見ると、泥の上をキャタピラーが走った後のように刷り痕がムラになって現れている動画も良く有ります。「なんでそんなに・・・」という程、スキージ圧を上げているんだと思います。前述のようにスキージ圧は必要以上に上げてはいけないので、きっとテンションが足りない版を使っているんだなぁ。。。と自分を納得させていますが。

さて、話は粉もののプリントです。

粉ものの(粉を混ぜた)インクのプリントでは、ベースとなる樹脂の中に混じった粉体が版の孔を通過していかなければなりません。
ですので、基本的なことですが粉体の粒径がスクリーンメッシュのオープニングよりも小さな、逆に言うとスクリーンメッシュのオープニングより小さな粒径の粉でなければプリントされないと言うことになります。

そして、感光乳剤の露光(直接法)ではないサーマルフィルム法の版ではプリント(粉体)の濃度が出なかったり、粉体の濃度は出るけれどもプリントのエッジが滲みがちにならざるを得ないという問題点があります。

具体例を挙げますと、サーマルフィルム法にはスキージ面にフィルムがあり印刷面には紗がむき出しのタイプと、その逆の場合があります。
前者はプリントエッジが滲みがちになり、後者は粉体の濃度が薄くなりがちにならざるを得ません。これは片側で紗がむき出しになっていることに原因があります。正確に言うと、粉体の印刷以外一般色の印刷においても、前者は滲みがちになり、加えて版の強度を保つことが難しい場合が多くなっています。

サーマル法で使用する機械は決してお安いものではないので、購入する際には教えて頂きたいものですが、善良な業者でも知らない方が多いのが現実(悲)

では直接法感光乳剤を使用して作った版ではどうかというと、

  • そもそものスクリーンメッシュの選定を間違えない(オープニングの確保)
  • スクリーンメッシュのテンションを強くする
  • スキージブレードのアタック角度を考慮に入れる

以上をきちんと行っていれば、普通は問題ありません。
感光乳剤の質によっては、インク(粉体含む)が落ちづらいものがありますが、通常のレベルではあり得ません。フッ素樹脂を添加した感光乳剤ほどインクがなめらかに落ちますからラメなども落ちやすいのですが、通常レベルのものより高価になっています。感光乳剤をそれぞれの局面で使い分けるのが一番良いとは思いますが、こんな助剤もあります。

最後にこんなお話し。

お客様と色々お話ししている内に

「他社からゴールドのインクを買って印刷したんですが、全然金色にならないんですよ」との事でしたので、具体的にそのインクのメーカーをお聞きしたところ、そのインクは#80メッシュ以下の、すなわちオープニングが#120より大きなメッシュでしか使えないものでした。それを即答でお伝えすると、そのお客様曰く

「版もそこから購入しているんですが、#120しか購入していないのに、なんで教えてくれないんだろう・・・」

ちなみに昔ながらの八百屋(笑)で「イモください」と言えば「ジャガイモ?サツマイモ?」と聞いてくれると思います。そこで「今日の夕食をカレーにしようと思うんです」と言えば、まさかサツマイモを勧める八百屋はないと思うのですが(笑)

ちなみにそのお客様は現在、弊社から#120で印刷できるゴールドをお使い頂いていますが、それでも金のオチがあまり良くないらしく、使っている版の現物を弊社に送って頂いているところです。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

「繊維製品」以外、そして「水や空気」以外にも

「スクリーン印刷とはどのような印刷ですか?」と聞かれて、貴方はすぐに答える事が出来ますか?

正式な説明は置いておいたとして(笑)良く使われる表現は「水や空気以外に印刷できます」というのがあります。要するに、液体や気体には無理でも、固体であれば何とかして密着するインクで印刷ができるという表現であろうかと思われます(笑)(※正確には密着しずらい材質が有るので、誇大表現かも(笑))

主に繊維製品にプリントされているお客様から「変な相談して良いでしょうか?こんなものに印刷を頼まれたんですが、水性バインダー・プラスチゾルインクで印刷した所、しばらくして剥がれてしまいまして・・・」というご相談を、度々頂きます。

なにも「変なご相談」ではないですよ。そもそも、スタンスって繊維製品に限らず、スクリーン印刷の資材販売会社ですから(笑)

スクリーン印刷資材販売会社の本分、それは私の中では「すべてのスクリーン印刷に必要とされる資機材の提供、そしてそこに必要とされる知識の提供」です。

株式会社スタンスがインターネットを使って、あらゆる地域の方に製品を紹介しようとした際、あまりに種類が多すぎたのです。そこでまずは繊維製品へのスクリーン印刷分野に絞ったのがWeb-Stanceです。

年に何度か繊維製品以外への印刷を生業としている方からご相談を頂きますが、それは弊社のブログの内容から類推して「ひょっとして」という思いでご連絡下さるそうです。その方々のお言葉を借りると「どうりでスクリーン印刷の事に関して、相当詳しいと思いました」との事だそうで。

遜る訳では無いですが、スクリーン印刷の資機材販売をしている者として最低限の知識は持ち合わせているつもりではいます。でも、そんなに大した知識量ではありません。それこそ、毎日のように皆様が様々な疑問・質問を投げかけて下さったおかげで成長しているとは思います(笑)

「これこれの機械とインクを買って頂ければスクリーンプリントできますよ!え?繊維以外の物にもですか?当然できます!」

などと安直には言わない理由。それは、これまで何度もお話していますが、

「スクリーン印刷の基本を確実に理解する事」がなければ、決して繊維物とそれ以外の物への印刷は同じようにはできないからです。版の大切さをしつこいくらいお話するのはそのせいです。

 

「プラスチック・木・紙に印刷できるインクは○○です」などと謳っている業者様が多くおられます。大人の事情もあるのかもしれませんが(笑)
弊社が説明する場合、

「プラスチックには○○、木には××、紙には△△のインクが適しています」

もっと細かく言えば

「コピー用紙には△△、コート紙には▲▲」
「自然木には××、塗装木には何の塗装?なら✖✖」
「プラスチックって言っても、PVC・アクリル・ABSでそれぞれインクは違います」

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、全てを一つのインクで賄えると表現すると、一番接着しずらい素材に適するインクを勧めておけば無難と思われるかもしれません。しかし、そのようなインクは柔軟性に劣っている場合が多いので、紙などのように折り曲げる場合が多い時、インクが割れて剥がれるきっかけになりやすいのでお勧めできないです。
趣味で使う物に印刷するのならまだ良いかもしれませんが、製品・商品を作る場合であれば、そこは確実にした方が宜しいかと思います。

ご自身の作っているものがスクリーンプリントで作られているのは解っていても、意外に知らない所でスクリーンプリントは使われています。
この業界を知らない方に弊社の事業内容を説明する際に、やっぱり一番使うのは「プリントしたTシャツ着た事ありません?」ですが(笑)

車を運転する方なら必ず目にするあれ
銀行など金融機関でお昼休憩で閉じている窓口に立てているそれ
様々な電化製品に書かれているメーカー名
経理のお姉さまが使っている計算機のこれ

様々なものにスクリーン印刷は使われていますよね。

職業病なのか、私はしょっちゅう色々なものを指で撫でてみたり匂いを嗅いだり(笑)

Web-Stanceでは今後、このようなソルベントインクのご紹介も開始します。ですので、これまで以上になんでも聞いてやってください(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

STANCEのお客様

ふと気づいてみれば、8月が終わると我STANCEも満9歳。9月からは10年目を迎えます。
10周年ではないところがミソですが(笑)

それもこれも、STANCEをご利用頂いている皆様のおかげです。誠にありがとうございます。

というような事を考えてるうちに、またもやフト思い付きが(笑)

我が社には毎日、フリーダイヤル・メールなどで結構な数のご相談やお問い合わせを頂いています。その中には、シルクスクリーン印刷を生業としている方や企業様は勿論、個人的にホビーで楽しまれている方や、美術関連に携わっている学校様などなど、もう様々です。
ブログでは一般論的な事しか書けませんが、直に色々お話しているうちに「もしやひょっとして、こんな感じでプリントしてます?・・・原因はそこですよぅ・・・」みたいな場合も多いのです。
そんなこんなで、問題解決の糸口を見つける事ができ、お客様に喜んで頂けた時は、我が社もとても嬉しいものが有ります。

という訳で、突然ですがスタンスのお客様をご紹介するページを開設しました。

弊社ホームページのトップページ上段に下のバナーが有りますのでクリックしてみて下さい。

まだ、ほとんど増えていませんが(笑)

企業のHPの多くには「仕入れ先」や「販売先」などを表示したページが有ります。
弊社も以前から、そのようなページを作ろうかなと思いながらも、「それってなんの意味があるの?」などと微妙に思っていまして(笑)

そこに掲載させて頂いた方々の何らかの役に立つのであれば、と思いつつ先延ばしに(笑)

そこで、つい先日から、弊社のショッピングカートで商品をご購入いただいた場合、ご購入の手続きを進んでいった「清算」の画面でアンケートにお答えいただく部分が有ります(勿論強制ではありません)。

 

(イ)社名のみ希望する
(ロ)社名にホームページをリンクする
(ハ)バナーを掲載しホームページにリンクする(有料化の予定が有ります)

これらのいずれかにチェックを入れて頂くと、数日後にメールをお届けした後に掲載させて頂きます。

とりあえず、アルファベット順・50音順・都道府県別で見て頂く事が出来ます。

スタンスは、創業当時からネットを活用してきているので、ホームページをお持ちの方のお役に立てればという観点からこのように致しました。ですので、「社名のみでなく、電話番号や住所も掲載してくんないかな」とご希望されても、そこは無理です(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

熱転写カッティングメディア販売開始 – 剥がせないメディアが登場 –

タイトルの前半は良いけど – の後の部分は何?とお思いのあなた(笑)

実を言いますと、弊社が熱転写カッティングメディアを完全に剥がす事ができる製品「リムーバーMW」及び「リムーバーMW-SP(旧商品名ウルトラ)」を発売するまでは、同メディアは一度熱圧着すると、糊も残さず綺麗に剥がす事は不可能だとされていました。

同メディアの多くは3層構造で、1層目熱圧着用の糊剤、2層目カラーシート(多くはPVCやPU)、そして3層目に耐熱性PETなどアプリケーションフィルムでできていますが、これまでも何らかの溶剤で加工することで、1層目と2層目を剥離することはできましたが、1層目の糊剤は完全に取り除く事はできなかったのです。

より堅牢性の強い、言い換えると、より長持ちする熱圧着(プリント)製品を求めると、糊剤は一切剥がれてはいけないと考え、まず最初に剥がせる液体を開発しようと試み、そして出来上がったのがリムーバーシリーズです。

でも、これって「剥がせる液体が、できあがっちゃったよ」ということで(笑)メディア側としたら、本来はいかなるものでも剥がせないのが良いんですよ(笑)

まとめると、弊社は堅牢性の強い、剥がす事の出来ない熱カッティングメディアを探していたのですが、その途中で完全に剥がせる液体をご紹介していたという事なのです。ややこしいですが(笑)

 

創業してからずっと、熱カッティングメディアを剥がす液体は販売しているくせに、メディアそのものを積極的に販売していなかったのはこういった理由からです。

ただ、主に繊維製品へプリントするための資材・機材を販売しているにも関わらず、シルクスクリーン印刷ではないにしても、繊維製品への加飾材料である熱カッティングメディアを扱っていないのは、とっても悔しい気持ちで一杯だったのです(笑)

で。で。で。

満を持して販売開始いたします。

販売するからにはそれなりのものだという事です(笑)

ホームページのトップにもバナーは置きました(笑)

バナーからのリンクページは、とっても途中経過です(笑)

普通、きちんと作り上げてから公開するもんでしょうけど(笑)

まぁ、徐々に出来上がっていくところを眺めて頂くのも良いかなと(笑)

 

とりあえずホームページ上に掲載している製品を主に販売いたします。それ以外にもある事はありますが、載せないという事はお勧めではないという事で(笑)

で、ついさっきまでは書かないでおこうかと思っていましたが(笑)

これまで実は陰で、なんとなく扱っていた(笑)PTJ様の一切の製品の取り扱いは中止させて頂きます。お客様には大変申し訳ありませんが。

理由を聞きたいですか?(笑)どうしても?(笑)

全部書くととんでもない長さになってしまいそうなので、要約すると

同社が「信頼に値する販売店ではない」という事が身に染みたからです。

弊社が信頼できない会社の製品を、弊社の大切なお客様にご紹介する事はできません。

ダイゴ風に「PTJ」とか書きましたがすぐ判ってしまいそう(笑)

弊社の身上「お客様に役に立つ組織であれ」

偉そうに書くほど大したものじゃなく、いたって普通の事ですが、けっして「お客様を困らせる・惑わせる・不快感を与える」組織にはなりたくないものです。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

 

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

報道「スポーツ大会で約30人皮膚かぶれ Tシャツが原因か」に関して

本日は前ふりなしで本題に入ります。

「スポーツ大会で約30人皮膚かぶれ Tシャツが原因か」

9月11日以降、この件について、弊社のお客様から多くのご質問を頂いています。

 

まず最初に、この件に弊社は一切関係してはおりませんが、同じウエアプリントの業界に在籍し、資材・機械をご提供させて頂いている立場としては、無関心でいられる事柄ではありません。

弊社とお取引して頂いている法人様、個人様いずれからも以下のようなお問い合わせが多く寄せられています。

1.どんなプリント方法で発生したのか

2.今後、この業界にどのような影響があるのか

3.シルクスクリーンプリントの材料にも、同じような危険性がわずかでも存在するのか

 

以上の内容について、弊社の見解を述べさせていただきます。ただし、報道よりは詳しい情報を得ていますが、憶測になる発言は極力控えさせて頂きます。

 

要約すると、本件はガーメントプリンター(別称:ダイレクトインクジェットプリンター)にてポリエステル100%のTシャツに印刷したところ、それを着用した際にかぶれ、やけどなどの症状が発生したという事です。

ガーメントプリンターは機構そのものは、一般家庭で使用するインクジェットプリンターとほぼ同等で、水性顔料を直接生地の繊維に塗布する「だけ」のものです。シルクスクリーンプリントに従事している方であれば十分熟知していらっしゃるものと思いますが、(水性)顔料は、それ単体では接着性は無いため、水性バインダー、プラスチゾルベースなどを介在して生地に接着します。

今回の場合はインクジェットプリンターであるため、小さなインクジェットのプリントヘッド・ノズルから接着剤を同時に吐出する事が不可能なため、繊維に対して事前に「前処理剤」なるものを塗布します。

あえて言わせて頂くと、今回の件はこの

「前処理剤」の成分に対する、メーカー、および使用者の認識

が足りなかった、と言わざるを得ないと考えます。

 

使用者がどのような状況で使用するか解っていない状況であっても「ほんの少しでも、危険の発生する」ものであれば、提供してはいけないのではないでしょうか?

少なくとも、提供者であるメーカーはSDS(製品安全データシート)を作成する義務があり、その中でわずかでも危険性を察知しているのですから、

「危険性は有りますよ。危険を承知でしたら使ってください」

と言いましたか?(言ってもそれで正当化される訳ではありませんよ)

 

一般コンシューマーの方々にとっては「Tシャツへのプリント」といえば、シルクスクリーンプリントもガーメントプリントも、カッティングラバーシート圧着も区別はつかないでしょう。

ですから、今後の影響は推して知るべし、です。

あくまで、まず、被害を受けた方へのお見舞いを申し上げた上で、我々は安全で良質な製品の提供を進めていくしかないでしょう。

 

数年に1回くらいの頻度で次のようなご質問を頂きます。

「お客様から、うちの子(幼年)にシルクプリントのシャツを着せても害はないでしょうか?と聞かれたんですが・・・」

弊社の回答はいつでも同じく以下の通りです。

「お子様に何らかのアレルギーがあるとしたら、おやめになったほうが良いです。アレルギーは医師が判断できるもので、我々が判断できるものではないからです。ご心配でしたら、何もプリントしていないまっさらのシャツを着せてあげましょう。

時折、口に入れても大丈夫ですか?とご質問なされる方がいらっしゃいますが、口に入れて良いものは水と空気とお母さんが作ってくれた食事だけでしょう(笑)これ以外のどんなものでも口に入れてはいけません。事実シルクスクリーンのインクで食品衛生法を完全に通過しているものはこの世にありませんから。

色々な抵抗力を備えた大人が、Tシャツにプリントされたインクを多少飲み込んでも大丈夫でしょうが、小さなお子様には保証できませんよね。

ただし、シルクスクリーンのインクは溶剤型であっても、きちんとした乾燥を行ってあるものであれば、一般常識に照らし合わせた状況で、触れただけで皮膚に異常が起きるものは、少なくとも弊社は販売しておりません」

 

これまでも色々な形で、このブログにも書いてきておりますが、何か起きた時、購入・使用して頂いた後の対応が今後を決めかねないと、私は思っています。

 

以下に、関連するリンクを併記します。

 

The Japan Cup のお知らせ

機械・資材メーカーの「一部報道について」

 

 

 

 

こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方(その参)

しばらく経過してしまいましたが、夏季休暇の予定はすべてを消化する事は不可能でした(笑)

休みの2日目に一人出社し、社内、、もとい私周りの整理整頓に意を決して、棚の内容物を床におろし始めたのはいいんですが・・・・途中で「こんなの半日・・いや1日でも終わらんぞ・・・」という事に気づきました(笑)

結局休みのうち3日間、午前中出社してほぼ完了。

でも、プライベートの目標のうち、スピーカー用のエンクロージャーを作るというのは、ほぼまったくの手つかずに終わりました。

 

そんな訳で、夏休みも終わり、気分一新でお仕事を始めた訳ですが、ブログは前々回の続きです。

 

「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」の後半2つ。

3.スクリーンメッシュの番手(#120とか、#200とかいうやつ)によって、スキージの硬さを変えてくださいと謳っている。

4.プラスチゾルインクでウエットオンウエットプリントが簡単にできますと謳っている。

というのには気を付けましょうという2つの詳細説明です。

 

まず「3」について。

のっけからですが、スキージという道具は「ひきずる」様に使うものではないという事です。

オフコンタクト(版と被印刷物の隙間)を開ける前提では、スキージを垂直方向に押す力とスキージを手前に引く力が必要になりますが、押す力(スキージゴムを版に押し付ける力)は余計には必要ありません。

考えてみれば、どんなに強く押し付けようと、落ちるインクの量は増えません。逆に余計に押し付けながら手前にひっかくと、特にベタ印刷時の中央部分はインクの乗りが悪くなります。折角一度落ちたインクを欠き取ってしまうためです。

さて、低メッシュの版でテンション(スクリーンメッシュの張り強度)が足りないと、スキージを引いた際にこれらの力の加減で、むき出し部分のスクリーン糸がよれる場合があります。通常平行かつ均等に張られている糸の密度が、部分的に不均衡になってしまう状態です。

しかし、これは50メッシュ以下の場合において多く起きる現象で、それ以上(目の細かい)のメッシュの場合に起きるのは紗張り強度が極端に弱いためです。

「ハイクオリティーなシルクスクリーン云々」と書いてあるくせに(笑)「スクリーンメッシュ80の場合はスキージの硬度は50度まで」しか使えないというお店があるそうです。

というか、そのお店で張った現物を見せて頂きましたが、簡潔に感想を述べると

「Tシャツくんなどの版を使っていた人には、強く張っている版に見えるけど、これじゃぁゆるゆるでエッジがシャープな印刷はむりですね・・・」

 

さぁ、気を取り直して(笑)「4」

「ウェットオンウェット」というのは、多色印刷を行う際に次の色をプリントする前に、いま刷り終えたインクの中間乾燥(指で触ってべたつかない程度の乾燥)を行わずに、次々と重ねて印刷する事を指します。

これまた、アメリカのカタログか何かを直訳した業者がいるからこういう事になるんですが(笑)

そんな事簡単にできるはずないだろ!という事です(笑)

普通に考えると、1色目を乾燥せずに2色目の版をそのまま被印刷物の上におろすと・・・

2版目の「インクを通過しない部分」、感光剤の印刷面にインクが付着しますよね?どうすんですか?(笑)

次にその版をおろすであろう隣の被印刷物にベタンとおいても、当然その被印刷物にはそれ以前にその色で印刷されているので大丈夫!汚れません!と豪語するのはアメリカ人か机上の理論しか知らない変な業者です(笑)

被印刷物や版に「移動してしまうインク」が有るという事は、移動してしまった部分になんらかの異常が起きているのはあきらかです(笑)それを気にしないのは

「ヘイ!ミッシェル!This is wonderful taste!」とかいうアメリカ人とか

「え?印刷はできてますよね?それがウェットオンウェットです」と開き直る業者かのどちらかで、かつ本当のウェットオンウェットの技術を知らない場合です(笑)

じゃぁ、どうやったらウェットオンウェットできるのかというと・・・教えません(笑)

というか、なぜウェットオンウェットしなくてはならないのかの意味があんまり良く分からないのですが(笑)

単に中間乾燥の手間や時間を削減したいとか、そもそも中間乾燥器を購入するコストを省きたいとか。そういう事でしたら考えを改めたほうが宜しいかと思うからです。そして、ウェットオンウェットをするためには別の手間や時間や資材が必要になる。という事だけはお話しておきます。

 

昨日、お問い合わせいただいた方にもお話したのですが、

「弊社は、購入して頂いている方は勿論、未だ購入されていない方のご質問やご相談もお受けします。その後、購入してくださる方もいれば、ご購入なさらない方もいらっしゃいます。なんだよをぃ・・買ってくれないのかい(笑)と思ったりもしますが別に損した気はしていません(笑)。弊社が即答できる内容であっても、それは良い復習の機会になりますし、ましてや即答できない場合は、それを解決できた暁には新たなノウハウになる訳ですから、いずれにせよ弊社は得をしている事になります」

内心では「販売した先位にはきちんと対応しろよ!」と某ショップには思っていますが(笑)

そうそう。前記のお客様がおっしゃっていました。

「スタンスさんのブログ(このブログ)を熟読しまして、ご批判されている先がA社・B社と書かれていたので、私が購入した先ではないなと、少しだけ安心していたのですが・・・ひょっとして・・・」

「はい。P社と書くとあまりにもわかりやすいんでA・Bにしたんですが(笑)安心してください。お宅様が購入した先でドンピシャです(笑)」

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方

3回ほど前に書いておきながらすっかり忘れて、違うテーマを書いていました(笑)

 

以前からこういった内容を書こうか書くまいか悩んでいました。

 

へんてこな販売をする業者様がいる→プリントされる方が困る→購入した先に質問する→明確な回答が来ない→困ってスタンスに質問する

こういった図式が崩れてしまいかねなかったからです(笑)

これまでも

「購入するまでは親切だったのに、上手く使えなくて連絡したら電話に出なくなった」とか(笑)

「スポットドライヤーから煙が出たので文句を言ったら、電気製品は使い方が様々なので保証外ですと言われた」とか。。(コンセントにプラグを差し込んだだけですが(笑))

「購入したインクで上手くプリントできなくて問い合わせたら、うちではできます、貴方ができないのが変なんです」と言われたとか(笑えない)

正直こんな対応は、お客様を馬鹿にしているとしか言いようがないんですけど、売ってしまえばこっちのものという感が丸出しです。

「他のお店から買ったものについて聞いてもいいですか?」

と、申し訳なさそうに相談を頂く事が多々あります。

折角シルクスクリーン印刷に関わって下さったのに、悩みを一つ解決できないばかりに、ひょっとした止めてしまうかもしれない。それって勿体ないよなぁ、と思うのでできうる限りご相談に乗らせて頂いています。

考え方によっては「なんで他人のしりぬぐいしなくちゃなんないの?」って事でもありますが(笑)特にそうは思っていないので、お気軽にご相談ください(笑)

正直言えば、へんてこな売り方をしている方がいる限り、弊社へのご質問・ご相談もなくならない訳で、販売の機会が継続される訳です(笑)

でも、今回からのシリーズ「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」をお読みいただいて、私の話を信じて下さる方が増えると・・・・やめようかな(笑)

と、ひとまず今日は「HPにこんなふうに書いてあるけど、本当は間違いです」という事や「HPでこんなふうに見せていますけど、実際には疑問です」という事を箇条書きにしてみます。

 

まず「正しいシルクスクリーンプリント」を前提としています。

 

では

1.版枠ぎりぎり(枠の際から5cm以内)まで製版できると謳っている。

2.(↑と似ています)製版サイズを稼ぐために、アルミフレーム(枠)の太さをスリムにしていると謳っている。

3.スクリーンメッシュの番手(#120とか、#200とかいうやつ)によって、スキージの硬さを変えてくださいと謳っている。

4.プラスチゾルインクでウエットオンウエットプリントが簡単にできますと謳っている。

書ききれないので以下省略(笑)

私ら、従来からきちんとシルクスクリーン印刷の世界に携わっている者ならば、てんで解っていないな、と気づけることだとしても、これから一生懸命プリントしようとしている、まだ初期段階の方は「そうなのかぁ・・・」と思わされてしまいかねないのですね。

 

つい先日の事ですが、自作で露光機を作り、感光乳剤を購入して悪戦苦闘したものの、上手く出来上がらず諦めかけていたところ、弊社を発見して恐る恐る(笑)ご相談いただいた方がいらっしゃいます。

買ったところに相談しても埒が明かなかったそうですが(笑)

露光して水洗浄して出来上がった版でプリントしていると、本来インクが落ちない部分まで汚く印刷されてしまうとの事でした。

こういった場合検証しなければいけないことはたくさんありますが(笑)

1.本当にまともな感光乳剤か(笑)

2.露光時間は適正か

3.使用したポジフィルムは正常か

感光乳剤はまともなものでした(笑)「製版にこだわるプロ用」らしく(笑)

露光機が自作だったので、ランプのW数と本数、ガラス面(版の感光乳剤)までの距離をお聞きしましたが、最初は「露光不足」かとも思われました。

しかし、もう少しお聞きすると、露光の際に水洗浄する時に、インクの通り道がなかなか抜けなくて、スポンジで強めにごしごししたとの事でした。

という事は、ポジに原因が有りそうです。

これまたお聞きすると、市販のOHPフィルムに印刷したものを2枚重ねして使用しているとの事です。

はい。ここです。

ネットには、ポジフィルムの濃度が足りない場合は2枚重ねましょう、とかいう情報があったりしますが、これでは不完全な情報でして。

 

このお客様の場合、ポジの濃度が足りないために、インクの通り道を綺麗に抜こうとすると、露光時間がたりずに他の感光乳剤がきちんと硬化せず、さりとて時間を長くするとインクの通り道が抜けなくなってしまっていた様です。

ただ、当てている光は紫外線であって可視光線ではないので、ポジフィルムの黒の濃度を多少上げてもあんまし効果はありません。ましてや、市販のOHPフィルムはインクジェットプリンターのインクをはじきやすいので、2枚重ねたとしても無理な事が多いようです。

ここで何度か書いてもいますが」、モノクロの黒ではなく、カラーの黒で印刷しましょう。若しくは思い切って赤で作りましょう。

コピー用紙に黒で印刷し代用する場合も同じような現象が起きます。

こんどは黒の濃度はばっちりなのですが、他の部分が白とはいえ不透明なので、そこの部分も紫外線が透過しずらいのです。

 

という訳で、そういった場合はあまりじたばたせず専用のフィルムを使ってください(笑)

 

最後に本題に戻しますが、簡単な見分け方は、ご自身が上手くいかずに困った事を解決してくれるか、一度質問してみる事だと思います。

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去のブログ(ameblo)はこちら

 

 

 

 

紗張り・・すれば良いってもんじゃないでしょ

最近、現物を拝見しなくても、ある程度想像でイメージが沸くようになってきました。

なんの事かって?

電話でお話しすると、声を頼りにいつの間にか相手の方の風貌を想像していたりしません?

あたくしは一般の成人男性より声が高い方で、また「たか坊」なんて名乗ってるせいか、実年齢より若く想像しておられる方も多いと思いますが、以下省略(笑)

 

色々ご相談を頂いている中で

「原因はインクではなく、版だと思いますよ。テンションが緩くないですか?」

とお尋ねすると、わりと多くの方は

「そんな事ないと思いますけど・・・業者さんに張ってもらいましたから」

とおっしゃったりします。

「オフコンタクト(版と被印刷物の間の隙間)をとって頂いていると思いますが、スキージング直後に、版とTシャツは離れてますか?くっついていますか?」

と再度お尋ねすると

「勿論!くっついています。版を持ち上げる時にはゆっくり剥がすようにしています。業者さんにもそう言われているので」

 

そうなんです。それがテンションが緩いと言う事なんです(笑)

こういった業者さんをまともに信じてはいけません(笑)

 

先日もこんな相談を頂きました(以下お客様とたか坊のやりとりの要約です)

お客様:「他の業者で70メッシュでバイアス(斜め張り)してもらった版がスキージングで糸が寄ってしまうんです。以前から低メッシュはこうなりやすいと聞いていたんで斜めに張って貰ったんですが・・」

たか坊:「斜めに張って貰ったのは正解ですが、テンション緩いと思いますよ。40メッシュ以下はどうしても糸が寄ってしまいますけど、70・80位で寄ってしまうのはどうかと(笑)」

お客様:「やっぱ、そうでしょうか?」

たか坊:「もっとちゃんと張り直してと言ってみたら?」

お客様:「はい、聞いてみます」

数時間後・・・

お客様:「頼んでみたんですけど、スキージを9mmで硬いの使っちゃダメです、50度を使って下さいって言われちゃいました(苦笑)」

たか坊:「それじゃぁ、プラスチゾルインクは刷れませんね(笑)その業者様は低メッシュは水性しか使えないって事でしょうか?(笑)」

お客様:「うちはモノフィラメントの高級なスクリーンを使っていますって言われましたが・・・」

たか坊:「それって意味不明な回答です(笑)モノフィラメントが高級かマルチフィラメントが高級かって話ではなく、貼り方が低級かと(笑)そもそもテンションが緩いから糸が寄るんで、もっときちんとテンション強く張ったら問題起きないですけどね(笑)その業者様は張れないんでしょうかねぇ」

お客様:「スタンスさんで張って貰う事できますか?」

たか坊:「勿論張らせていただけますよ。でも、うちの方が緩かったらどうしましょ?(笑)」

後日、お客様からその業者様で張ったままの版を送って頂きました

お客様:「どうですか?やっぱ緩いんですよね?」

たか坊:「梱包を解く時にカッターで少し破っちゃったのかなと思いました。そんだけ緩いです(笑)」

お客様:「(苦笑)ちゃんと張って貰えますか?」

たか坊:「了解しました。近くのお客様には50メッシュを斜め張りして9mm70度のスキージでゴリゴリ刷って貰って問題起きてませんから。安心してお待ちください」

 

実は版が届く前に、その業者さんのホームページとFacebookを拝見しておりましたが、確かに80メッシュ仕様は硬度50度のスキージと書かれていました(笑)

 

あんまり書きすぎると実名を書いたも同じになっちゃいそうですが(笑)

間違いが流布するのも嫌なのでもう一点(笑)

スクリーンメッシュ120とは1cmの正方形の中に120個の穴がある。と、こう書かれておりますが、穴の数は大凡14,400個です(笑)

1cmの幅の間に120本の糸が有るので、縦横120本ずつ。120×120=14,400個の穴があるはずです。

120個の穴しか無いのであれば、2乗したら120になる・・いわゆるルート120=10.95・・・

1cmの間に10本強しか、、無くないよね?

 

余談ですが、アメリカ産のメッシュは日本の#120相当が#300と書かれていたりします。もちろんこれは1インチ(2.5cm)の幅に300本あるからです。

120本×2.5cm=300ですね。

 

今日も近場のお客さんと話をしてきましたが、そのお客さんに前述のような版を納品しようものなら「(版を)縦回転で投げ返す!」と言っていました(笑)

 

最近はシルクスクリーンの純粋な資材屋以外、いわゆるこれまで印刷を生業にされていた方が側でインクや版を販売したり、円高メリットで海外製、特に中国製造の資機材を「安さ」だけを売りに販売される方を多くお見受けするようになりました。

長くシルクスクリーン印刷に関わり、知識も技術も豊富な人間が見ると「なんじゃこれ!」という製品を「ハイクオリティ」とか「プロが使う機材です」とかのキャッチコピーをつけて販売している場合も多く見られます。

ただ、シルクスクリーン印刷に携わって間もない方や、これから携わろうとする方は、それらのキャッチコピーやお店のお話が全てでしょうから、購入してから上手くいかない事に気が付く場合も多いのではないでしょうか?

次回からは、実名こそだしませんが「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」シリーズを書こうと思います。

あ・・その前に、うちのホームページの「紗張り・製版加工」のページをきちんとしなくちゃ(笑)

 

※今回あえて太字で「業者」と表記させて頂きましたが、本来のぎょうしゃと区別するためにあえて皮肉を込めて太字とさせていただきました。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)のページ →

過去の記事(ameblo)はこちら →

 

ひとつだけの例外【緊急】

昨日判明した情報をたった速報させて頂きます。

プラスチゾルインクに添加して撥水生地にプリント可能にできる「ナイロンボンドエージェント」
つい最近、米ユニオンインクの該当製品の容器が変更になりました。

n_bond2

ナイロンボンドに関しては、何度かブログでご紹介させて頂いていますが、容器の変更についてが【緊急】な訳ではございません。

整理してお話しますと、現在確認させて頂いている内容としては

Wilflex(米Poly-One社)・Union(米Union社)・Excalibur(カナダLancer社)のプラスチゾルインク(低温硬化型)は米Union社のナイロンボンドエージェントを使用して撥水生地に密着させることができます。

が、Rutlund・QCM(米RutLand社)のプラスチゾルインクは、RutLand社のナイロンボンドエージェントのみしか効果が認められません。

いずれのナイロンボンドも主成分は「イソシアネート」であり、イソシアネートは空気中の水分に反応して硬化します。
詳しい仕組みについては、以前下記のアドレスの記事でも詳説させて頂きました。

http://ameblo.jp/print-web-stance/entry-12079342994.html

再度、簡潔にご説明すると、プラスチゾルインクをナイロン(撥水)生地に密着させるためにはナイロンボンドが必要であり、そのナイロンボンドはプラスチゾルインクの組成によって、イソシアネートの含有率を変えなくてはいけないという事です。

ただし、上記のようにナイロンボンドはイソシアネートの含有率によって劣化の速度が著しく早いという事です。

現在、Unionのナイロンボンドエージェントは、特に容器の開け閉め(空気の入れ替わり=水分の補給)を繰り返すことで特に劣化します。
しかし、RutLand社のナイロンボンドエージェントは容器の開け閉めをしなくても2~3ヶ月後には、完全劣化(凝固)してしまうという【メーカーの説明】をもらいました。

以前お話ししたかどうかわかりませんが(笑)

弊社に3日連続して別の3人の方々からご相談を頂いたことがあります。

「QCMインクに(そのお店で購入した)専用のナイロンボンドを入れてプリントしたのに剝れてしまいました」

この内のある方は、数百枚を収めたところからクレームとなってしまったそうです。

この方は色々お話をお聞きした上で、ExcaliburインクとUnionのナイロンボンドをご購入いただきました。その後の話では、何事もなく順調にお使いいただいているそうです。

 

そもそも、メーカーが2~3ヶ月で劣化してしまうと言っている商品が、なぜ日本で流通できるのか?不思議です(笑)

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら