に投稿

プラスチゾルインクの添加剤ーナイロン生地に密着できるようにするー

このシリーズ中しばらくは前ふりなしで本題に入ります。

「ナイロン生地に接着するインク(添加剤)」のお話をするには、まず次の事柄をご理解頂かなければなりません。

プラスチゾルインクはアメリカ・カナダ製のインクで(弊社では中国製は正規のプラスチゾルインクとは認識していません)ある事です。

プラスチゾルインクにはナイロン繊維専用のインクが用意されている事。

この専用インクには硬化剤としてナイロンボンドという添加剤が用意されている事。

ただしあくまでもアメリカ製のナイロン繊維用のインクであり硬化剤です。

また、あくまでナイロン繊維用のインクであり、その上に何らかの加工、多くは撥水加工への密着(接着)は保証されていないのです。

なぜこのように書くかというと、日本のナイロン生地と言えば、大抵の製品に撥水加工がなされているという事を、新進の資材屋が認識していないと思われるからです。そして、正確な認識がないまま「これを使えばナイロン生地に印刷できます」などと、中途半端な情報を提供していたりするからです。

 

先にも書きましたが、ナイロンボンドという添加剤は、各メーカーが作るナイロン専用のプラスチゾルインクそれぞれに、専用のナイロンボンドがあります。

A社のナイロン用プラスチゾルインクにはA社のナイロンボンドが、B社のナイロン用プラスチゾルインクにはB社のナイロンボンドが有効であるのは確かですが、A社のナイロン用プラスチゾルインクにB社のナイロンボンドが有効かは定かではありません。

ナイロンボンドの主成分は大まかにはほぼ同じですが、プラスチゾルインクの成分が若干違うため、ナイロンボンドも成分も若干違ってくるためです。

そして、ナイロンボンドの主成分は水分に反応して硬化を始めます。

ナイロンボンドの容器の開閉の回数が多ければ多いほど、空気中の水分と接する回数が増えるため、容器内での硬化(劣化)が早くなり、全てを使い切る前に容器内で固まってしまう事となります。

 

さて、春から秋にかけて多くなる、ご質問やお悩みを列記してみます。

1.「あるところから買ったナイロンボンドを使ってもはがれるんです。どうしてかを問い合わせたら、回答が返ってきません」

2.「あるところから買った日本製のナイロンボンドを使ったらはがれたんです。どうしてかを問い合わせたら、回答が返ってきません」

3.「あるところから買った日本製のナイロンボンドを使ったらはがれたんです。どうしてかを問い合わせたら、1日自然乾燥してから熱乾燥してくださいと言われました。場所をとって仕事にならないんですが回答が返ってきません」

 

なぜ回答が返ってこなくなるのか不思議でなりませんが(笑)

1-3 まずすべてについてですが、撥水加工の程度の確認をされたかどうかなのです。それを確認されたうえでナイロンボンドの使用を勧められたのならまだましですが(笑)

弊社では、撥水加工の程度の確認をお電話で指示させて頂いて、その状況を確認の上で使用すべきインクをお勧めします。何から何まで「ナイロンボンドで大丈夫です」などという資材屋を信用してはいけません(笑)

 

2の「日本製の」ナイロンボンドって何ですか(笑)

 

3これって多分、2の日本製ですね(笑)

 

てな訳で、いつも実名は書きませんがP社、S社、M社です(笑)

あ、全て頭文字(笑)

おまけにこの3社、実態は1社(笑)

 

いじるのはこの程度にしておいて(笑)

 

最後にこんなことを書くのも何なんですが(笑)

撥水加工された繊維に印刷する場合、プラスチゾルインクにナイロンボンドを添加して製品化できるのは、あくまでも軽撥水の場合に限ります。それ以上の場合には、溶剤型の2液硬化型インクを使用しないと事故になりかねません。

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

 

に投稿

プラスチゾルインクの添加剤ー粘度を下降させるー

さて、忘れないうちに今回のシリーズを書き始めたいと思います。

まずはタイトルの通り、プラスチゾルインク粘度を下降させるための添加剤ですが、この話をする前に、何故、貴方は粘度を下降させたいのですか?

良くあるパターンは「1.インクが硬すぎて印刷が掠れる」というもの。

次に「2.半纏(はんてん)などに印刷したいが、水性の染み込み風に仕上げたくて」というもの。

あと、少し特殊になると「3.ラメグリッター)印刷したいのだけれど、ラメ自体がなかなか落ちない(でベースインクだけが落ちる)」というもの。

 

他にも色々あるようですが、本来上記3件は、添加剤を加えてインクの粘度を下げるという事では、本質的解決にはなりません。

何故か、は後に譲ることにして、まずは粘度を下降させる添加剤を紹介すると、メーカーによっては様々な呼称で呼ばれますが「キュラブルレデューサー」若しくは単に「レデューサー」と言います。

これらを添加したインクは、硬化温度に変更はありませんが、乾燥時間に影響があります。長くしなければならなくなります。

この添加剤は余ほどの事がない限り「あんまり使用しない」添加剤です。

何故ならば、プラスチゾルインクは攪拌すればするほど柔らかくなるインクだからです。

特に、水性インク(水性バインダー含む)に先に慣れている方はプラスチゾルインクは硬く感じられると思いますが、まずは練ってみましょう。

それでも、インクが落とせない?ははぁ~ん、さてはスクリーン(版)のテンションが弱いんですね、とこうなります(笑)

これまでも何度か嫌になるほど登場しているスクリーンのテンションですが(笑)

テンションが緩いのを改善しないでなんとかしようとすると、インクの粘度を落とさなければ難しくなります。が、インクの粘度を落とすと別の問題に出会ったりしませんか?

そうです、精細な柄がシャープに印刷できなくなります。要は滲みやすくなるからですね。

2の「半纏などに印刷したいが、水性の染み込み風に仕上げたくて」という件で、過去にとある資材屋がプラスチゾルインクにレデューサーをどんどんつぎ込んだものを納品していた事があるようですが(笑)そりゃぁ、印刷前のインク自体はそう見えるかもしれませんが、仕上がりは全然別物になります。

そもそも、プラスチゾルインクで水性アンカータイプの印刷をするためには、まったく別のタイプのインクがありますし、添加剤で賄おうとした場合はレデューサーは間違いで、まったく別の添加剤になります(後日書きます)。

最後に3「ラメ(グリッター)印刷したいのだけれど、ラメ自体がなかなか落ちない(でベースインクだけが落ちる)」というものは、そもそもラメ(グリッター)が落ちないのでしたら、選択したメッシュが細かすぎて落ちないだけでして、逆にベースインク自体を緩くしたら、もっともっとベースだけが落ちるようになりますが、という事です(笑)

確かにラメに限らず、通常の顔料より粒径の大きい畜光顔料、金粉、銀粉、再帰反射などを混合するとインク全体の粘度が上がります。これによって、1のように掠れるなどが生じる(インク全体が落ちずらい)という場合にレデューサーで調整すべきで、ベース「だけ」が落ちる場合は根本的に違います。

 

プラスチゾルインクはその性質上、何もせずに放置して置いたり、低温の環境で放置しておくと、信じられないほど(笑)硬くなります。でも、硬化してしまっている訳ではありません。熱硬化型ですし(笑)

以前、年末年始の休暇があけて、近場のお客様から「おーい、年末に届けて貰ったプラスチゾルインクが、異様に硬いんだけど、これってどぉなってんの?」と言われて見に行った事があります。

原因は、年末年始の北海道。それはそれは雪に囲まれた寒い季節に、寒い倉庫にインクを保管していたからでした(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)のページ →

 

過去の記事(ameblo)はこちら →

 

に投稿

プラスチゾルインクと添加剤

例年の事ですが、先日まで「暑い暑い」と言っていたのに、もう既に朝晩は冷え込んでいる北海道です。と言うか、今日から我が社ではストーブのスイッチを入れました(笑)

だってWindows10のタスクバーで見てみると、札幌の今の気温は11度(笑)

 

さて、プラスチゾルインクには様々な添加剤が用意されています。とは言っても、あまりポピュラーでないものは輸入されていないものもあります。って言うか、されていない製品の方が多いんですが。

その特性を色々挙げてみると

  • 粘度を下降させる
  • ナイロン生地に密着できるようにする
  • 伸縮性を加える
  • 光沢度を上げる
  • タック感を低減する
  • 粘度を上昇させる
  • 熱転写可能にする
  • 再昇華しずらくする
  • 硬化温度を下降させる
  • 印刷膜厚を増加させる
  • スエードレザーの質感に仕上げる

ふぅ・・・こんなに有ったのね(笑)

 

こんなに挙げてしまったからには、シリーズで説明しなくてはいけないな(笑)

 

なんでこんなシリーズを思い立ったかというと、世の中には間違った説明をしている業者様が多いので(笑)

ちゅーか、メーカー説明の英語を翻訳しただけでそれも間違ってるぢゃん!

とか言うのが多すぎです(笑)

 

てな訳で、今日はとっても短く「予告編」みたいな(笑)

 

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)のページ →

 

過去の記事(ameblo)はこちら →