スキージブレード(ゴム)の選び方

つい先日の事ですが、ご相談のお電話を頂いた方にこんな事を聞かれました。

「例えばスクリーンメッシュをWebで販売しているところが何社かありますけど、同じ番手でも値段が違うのはなぜですか?」

その時の私の回答を要約すると

「正確にお話しをすると、本来スクリーンメッシュは同じテトロンメッシュでも、使われている糸の品質の違いがそのまま伸度の違いになるので、版の寸法精度に現れるのです。ですから、同じメーカーでもさまざまな品質のスクリーンを用意しています。極端な話、ウエアにプリントする場合と、携帯電話などの小さなプリント基板にプリントする場合では要求される寸法精度に違いがある事は容易に想像できますよね?ですので、誠意のある販売店でしたら、必要十分な精度が実現できる中で、より低コストなスクリーンメッシュをお勧めすると思いますよ。」

「#120以下などの、ウエアにプリントする場合のスクリーンメッシュの価格に違いがあるのは、その販売店ごとにの仕入れコストや、運営コストなどの違いから、算出される販売価格に違いができるのはごく当然の事と思います。買う側からすると、同じ品質ならばより安価な方が良いのは事実ですが、くれぐれも安物買の銭失いだけにはならない様にお気を付けください(笑)ちなみに、扱っている製品が高品質というのでしたらどこのメーカーの製品ですかと聞いてみるのも手でしょうね。ふつうのお店なら答える事ができるはずです(笑)」

「最後に、ちなみにですが、シルクスクリーン印刷を始めてまだ間もなく、知識も技術もまだ発展途上なお客様には判断のしようがないのかもしれませんが、きちんとしたシルクスクリーン資材販売のプロが見たら、ちゃんちゃらおかしい事を書いて販売しているショップは雨後の筍の様に増えていますので(笑)お気を付けください」

 

という前置きはさておいて(笑)予定していた「スキージブレード(ゴム)の選び方」です。

前回と違い、今回はスキージゴムの硬さの選び方ですが、結論から言うと、刷る人によって違います(笑)

シルクスクリーン印刷では、インクの落ちる量(スクリーン版を通過するインクの量)はスキージが移動するスピードと、スキージブレード(ゴム)のアタック角度(スクリーン版と接する角度)の違いです。これ以外の何物でもありません。

世の中には「プラスチゾルインク用スキージ」だとか「水性バインダー用には6mmのスキージ」とかいうところもございますが、これは一般的な確率ではそうと言うだけです。

力の弱い女性が、プラスチゾルインクの固いインクを使う場合とプロレスラー並みの腕力の有る女性が刷る場合は、同じ厚さの、同じ硬度のスキージを使った場合印刷の濃度に違いが起きます。

「ぢゃぁ、結局どれ使えば良いの?」と言われると、まず弊社では今までどのようなものをお使いなのかをお聞きします。そして、今どのようなプリント結果が出ているのか?

極論を言えば、どのような硬さのスキージを使おうと、その時々で印圧を変える事が出来れば問題は無いのですが(笑)人間ですもの、なるべく疲れないに越した事はありません。

機械の様に、一度設定してあげたらず~っと同じ条件で繰り返す事ができるのならいざ知らず(笑)人間ですもの、何度も繰り返している内に易きに流れます(笑)

例えば20cmのスキージを使う場合と40cmのスキージを使う場合に同じ力で刷るとどうなるでしょうか?

同じ力が20cmから40cm、倍になると1cmあたりにかかる力は半分になります。そうするとゴムのたわみが少なくなります。アタック角度が大きくなる(傾斜が少なくなる)のでインクの落ちる量は減ります。

また、前回の記事にも関連しますが、劣化の早いゴムを使っている場合、全く同じ版で同じ粘度のインクを使っているのに、前回よりインクが落ちない・・・という事態になったりします。そうです、ゴムが劣化して硬化したため、同じ印圧で刷ってもアタック角度が大きくなってしまうから起きる現象です。

 

でも、全く初めてとか言う方には基準が何もないというのも困りもの。

「まずは70度という、一般に多く使用される硬さを使ってみて下さい。でも、一発で上手くいかなくても文句言わないでね(笑)私、貴方の彼氏でもなんでもないから(笑)上手くいかなかったら、その都度状況を教えてください。絶対上手くいくよう応援しますから(笑)」

 

ただし、冒頭に出したお客様にもお話ししましたが「今、問題が起きていないのならば、何も無理して変えなくても良い」のです。

せっかく買ってくれそうだったのに「買う必要ないと思いますよ(笑)」って言っちゃうんです、わたし(笑)あぁ・・・

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

過去の記事(ameblo)はこちら

 

スキージの選び方

今回は「スキージの選び方」、次回予定は「スキージブレード(ゴム)」の選び方です。

「どう違うの?」と思われた方は次回も欠かさずお読みください(笑)

 

それ以前に「スキージなんてなんだって良いぢゃん!インクを引く事が出来れば定規でもOK」などというご理解の方は、今回も次回もスキップしてください(笑)

 

スキージの大切な部分は、ゴムの硬さと厚さです。ここら辺の詳しい話は次回の「スキージブレード(ゴム)の選び方」で書きます。

それ以外に大切な点は

イ)ゴムの材質

ロ)スキージハンドルの強度

です。

勿論お値段も大切な事ですが、あんまりお安いものは上記の2点は深く考えられていません。

 

イ)ゴムの材質

ゴムは長く使う間に劣化します。水性インク(バインダー)を使っている場合、使用後のスキージブレードの洗浄は水道水ですからあまり影響はありませんが、油性インクを使っている場合には何らかの有機溶剤でゴムを拭う事になります。

あまり品質の良くないゴムは有機溶剤を吸収し膨潤します。これが繰り返されると、ゴムはあっという間に硬化しいずれボロボロに崩れたりします。某C社や某M社のスキージ(笑)はこれに当たります。

ここまでは行かないにしても、ゴムが硬くなるという事は、印刷時のアタック角度が変化してしまい、いつもと同じようにプリントしているのにインクの落ちる量が減る事になりますから、1ストロークでの印刷濃度が足りなくなってしまいます。

ここでたとえ話です。

貴方は卵が大好きで毎朝卵1個でスクランブルエッグを作るとします(目玉焼きでも可)。

さて、昔ながらの頑固おやじがやっている八百屋さんに行くと10個1パックが180円でした(現在の相場とは一切無関係です(笑))。

「う~む、、ちと高いな。」と思い、通り過ぎて隣のスーパーに行くと、10個1パックが140円だったのでこちらを買う事にしました。ただ、この時、貴方はパックに貼ってある「消費期限」のシールを読んではいませんでした。

さて、1週間たって8日目の朝。冷蔵庫を開けると、既に食べられなくなった卵が3つ残されていました。はい。スーパーで購入した卵の消費期限は1週間でした。

「ちっくしょ~」と思い、もしやと思ったあなたは頑固おやじの八百屋に電話して「お宅で売ってる卵パックの消費期限ってどのくらい?」と聞いてみました。

「3週間は大丈夫だよぉ~」

「・・・・」

さて、貴方はどちらの卵を買った方が得だったでしょう?

(答え)

スーパーの卵は結局7個しか食べる事ができなかったので140÷7で1個あたり20円。

対して八百屋の卵を買っていたら180÷10で1個当たり18円。

 

ロ)スキージハンドルの強度

ここは案外見過ごされている点ですが、水性バインダーの場合はあんまり影響は有りませんが、粘度の高いプラスチゾルインクを使用する場合に影響がある場合が有ります。

 

sqizi_hikaku1

 

この3つのスキージハンドルの違いは何でしょうか?

左からゴムの厚さは8mm・9mm・6mmです。

 

答え

・8mmおよび9mmのスキージは6mmのそれに比べてゴムを挟んでいる部分の木の厚さが当然の様に薄い

・8mmのスキージは9mmおよび6mmのそれに比べて木の年輪の幅が大きい

・ゴムの色(笑)、、、ゴムの材質が違う(これは写真では解らないと思いますが)

 

6mmのゴムのスキージは、ゴム自体を挟んでいる部分が厚いのであまり起きないのですが、8~9mmのゴムのそこは、比較すると薄くなっています。

スキージストロークを繰り返す事によって、ここがバキっと折れてしまう事がままあります。

それはえてして広葉樹を加工して作ったスキージハンドルの場合に多発します。それも、ゴムはまだまだ使えそうなのに(笑)

右二つのスキージはアラスカ・スプルースという針葉樹を使っています。

左の1本は、(弊社のものではないので)いつも親しくしている木加工業の社長に聞いてみたところ

「これって、多分、アメリカ桐だな。ちなみに桐は木科じゃなくて葉科だよ。」

「・・・(をい、広葉樹以前の話かよ)」

スキージは言ってみれば消耗品です。摩耗すれば交換するしかありません。でも、できる限り長く使えた方が良いのではないのかと思います。

ちなみに、

これは割れる事が無いスキージハンドルです(笑)

almisqizi

 

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)のページ →

 

過去の記事(ameblo)はこちら →

 

紗張り・・すれば良いってもんじゃないでしょ

最近、現物を拝見しなくても、ある程度想像でイメージが沸くようになってきました。

なんの事かって?

電話でお話しすると、声を頼りにいつの間にか相手の方の風貌を想像していたりしません?

あたくしは一般の成人男性より声が高い方で、また「たか坊」なんて名乗ってるせいか、実年齢より若く想像しておられる方も多いと思いますが、以下省略(笑)

 

色々ご相談を頂いている中で

「原因はインクではなく、版だと思いますよ。テンションが緩くないですか?」

とお尋ねすると、わりと多くの方は

「そんな事ないと思いますけど・・・業者さんに張ってもらいましたから」

とおっしゃったりします。

「オフコンタクト(版と被印刷物の間の隙間)をとって頂いていると思いますが、スキージング直後に、版とTシャツは離れてますか?くっついていますか?」

と再度お尋ねすると

「勿論!くっついています。版を持ち上げる時にはゆっくり剥がすようにしています。業者さんにもそう言われているので」

 

そうなんです。それがテンションが緩いと言う事なんです(笑)

こういった業者さんをまともに信じてはいけません(笑)

 

先日もこんな相談を頂きました(以下お客様とたか坊のやりとりの要約です)

お客様:「他の業者で70メッシュでバイアス(斜め張り)してもらった版がスキージングで糸が寄ってしまうんです。以前から低メッシュはこうなりやすいと聞いていたんで斜めに張って貰ったんですが・・」

たか坊:「斜めに張って貰ったのは正解ですが、テンション緩いと思いますよ。40メッシュ以下はどうしても糸が寄ってしまいますけど、70・80位で寄ってしまうのはどうかと(笑)」

お客様:「やっぱ、そうでしょうか?」

たか坊:「もっとちゃんと張り直してと言ってみたら?」

お客様:「はい、聞いてみます」

数時間後・・・

お客様:「頼んでみたんですけど、スキージを9mmで硬いの使っちゃダメです、50度を使って下さいって言われちゃいました(苦笑)」

たか坊:「それじゃぁ、プラスチゾルインクは刷れませんね(笑)その業者様は低メッシュは水性しか使えないって事でしょうか?(笑)」

お客様:「うちはモノフィラメントの高級なスクリーンを使っていますって言われましたが・・・」

たか坊:「それって意味不明な回答です(笑)モノフィラメントが高級かマルチフィラメントが高級かって話ではなく、貼り方が低級かと(笑)そもそもテンションが緩いから糸が寄るんで、もっときちんとテンション強く張ったら問題起きないですけどね(笑)その業者様は張れないんでしょうかねぇ」

お客様:「スタンスさんで張って貰う事できますか?」

たか坊:「勿論張らせていただけますよ。でも、うちの方が緩かったらどうしましょ?(笑)」

後日、お客様からその業者様で張ったままの版を送って頂きました

お客様:「どうですか?やっぱ緩いんですよね?」

たか坊:「梱包を解く時にカッターで少し破っちゃったのかなと思いました。そんだけ緩いです(笑)」

お客様:「(苦笑)ちゃんと張って貰えますか?」

たか坊:「了解しました。近くのお客様には50メッシュを斜め張りして9mm70度のスキージでゴリゴリ刷って貰って問題起きてませんから。安心してお待ちください」

 

実は版が届く前に、その業者さんのホームページとFacebookを拝見しておりましたが、確かに80メッシュ仕様は硬度50度のスキージと書かれていました(笑)

 

あんまり書きすぎると実名を書いたも同じになっちゃいそうですが(笑)

間違いが流布するのも嫌なのでもう一点(笑)

スクリーンメッシュ120とは1cmの正方形の中に120個の穴がある。と、こう書かれておりますが、穴の数は大凡14,400個です(笑)

1cmの幅の間に120本の糸が有るので、縦横120本ずつ。120×120=14,400個の穴があるはずです。

120個の穴しか無いのであれば、2乗したら120になる・・いわゆるルート120=10.95・・・

1cmの間に10本強しか、、無くないよね?

 

余談ですが、アメリカ産のメッシュは日本の#120相当が#300と書かれていたりします。もちろんこれは1インチ(2.5cm)の幅に300本あるからです。

120本×2.5cm=300ですね。

 

今日も近場のお客さんと話をしてきましたが、そのお客さんに前述のような版を納品しようものなら「(版を)縦回転で投げ返す!」と言っていました(笑)

 

最近はシルクスクリーンの純粋な資材屋以外、いわゆるこれまで印刷を生業にされていた方が側でインクや版を販売したり、円高メリットで海外製、特に中国製造の資機材を「安さ」だけを売りに販売される方を多くお見受けするようになりました。

長くシルクスクリーン印刷に関わり、知識も技術も豊富な人間が見ると「なんじゃこれ!」という製品を「ハイクオリティ」とか「プロが使う機材です」とかのキャッチコピーをつけて販売している場合も多く見られます。

ただ、シルクスクリーン印刷に携わって間もない方や、これから携わろうとする方は、それらのキャッチコピーやお店のお話が全てでしょうから、購入してから上手くいかない事に気が付く場合も多いのではないでしょうか?

次回からは、実名こそだしませんが「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」シリーズを書こうと思います。

あ・・その前に、うちのホームページの「紗張り・製版加工」のページをきちんとしなくちゃ(笑)

 

※今回あえて太字で「業者」と表記させて頂きましたが、本来のぎょうしゃと区別するためにあえて皮肉を込めて太字とさせていただきました。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)のページ →

過去の記事(ameblo)はこちら →