撥水生地用インク一覧

日一日と寒くなってきました。北海道だけでしょうか?(笑)只今の気温「15度」です。

毎年恒例かもしれませんが、夏が過ぎ、秋も深まると、Tシャツやポロシャツの他に、防寒着、ブルゾンなどへの印刷が増えてきます。
そして、それと同時にお問い合わせやご相談が増えてくるのが「撥水生地」への印刷に関するものです。

Wikiなどで調べて頂いても解る通り、撥水加工とは「疎水性をもたせる事」です。
疎水性をもたせるってことは、水性系のインクは密着しづらい、という事でそれは容易にわかるのですが、じゃぁ油性(溶剤系)であればなんでも密着するのかというと、一概にそうではありません。
というか、撥水加工には疎水性の程度が色々あります。例えて言うと、少し雨露をしのげれば良いという程度のブルゾンから、高い山に登った際に寝泊まりできるような山岳テントまで。
キャンプがお好きな方はご存知かもしれませんが、テントの性能表示に「耐水圧~」とか書いてありますが、製品のレベルでこの数値が色々ありますね。

要は「すんごく撥水」と「なんとなく撥水」など、程度が色々という事です(笑)

いきなりですが、こんなものを作ってみました。

「ちいせぇよぉ!」と思われた方は、画像をクリックして下さい。
多少大きくなります(笑)

それでも「まだちいせぃよぉ!」とおっしゃる方はこちらでご確認ください 

青の三角は、左に行けば行くほど撥水度合いが強く、それに逆比例してオレンジ~黄色の三角であらわす「同一のインクでの密着度」は弱くなることを示しています。
7つのインクを使用した場合、矢印の指し示す程度の撥水まで密着させることができるという事を、あくまでイメージ的に表しています。

単純に言うと

「撥水生地に印刷する場合には「専用のインク」を使用するほうが、きちんと密着させることができる。」

という事です。

 

次のようなご相談を頂く事が有ります

  • 現在のインク以外になるべく種類を増やしたくない(管理が複雑になるから)
  • なるべくコストをかけたくない
  • 印刷が剥がれるなどと言うトラブルは絶対に避けたい

正直、ムシが良すぎます(笑)

以前にも何度も書いていると思うのですが、
プラスチゾルインクを紹介されて、それにナイロンボンドを混合してプリントすれば、絶対ナイロンにくっつきますから、と言われていたのですが・・・剥がれてしまってトラブルになりました。紹介してくれた業者に聞いても「うちでは大丈夫なんです」と言うだけでどうにも解決しません・・・・御社でどうにかなりませんか?」
こんなご相談を頂くたびに私も悲しくなります。

先ほどの図を見て頂ければ解る通り、まずはどのインクも、全能の神ではないという前提をご理解ください。

このご相談へのお答えは、
「その生地の撥水加工が、プラスチゾルインク+ナイロンボンドの性能を越えた加工なのかもしれません。若しくはその業者様が腐ったインクや腐ったナイロンボンドを販売しているかですね(苦笑)ちなみに、その生地に水道水の水滴を垂らしたら、水滴はどのような形状になりますか?」

繰り返しになりますが、撥水加工の程度は様々です。「撥水に付くインク下さい」といきなり言われても、弊社では「これです」とは言いませんし言えません(笑)
ご相談頂ければ、その都度的確なアドバイスを差し上げられると思います。

捕捉ですが、撥水加工以外にも防菌加工された生地も通常のインクは密着しづらくなっていますのでご注意下さい。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

インクの比較

久しぶりに北海道に上陸した台風も通り過ぎ、めっきり涼しくなりました。やっぱり、雪と氷の世界よりも短い夏です(笑)

と、これだけ北海道を強調しているにも関わらず・・・

弊社にお問い合わせを頂くお客様の中には、色々ご相談を受け、いよいよ弊社の製品をお送りするという段階になった時に、初めて「え!?!(STANCEって)東京じゃないんですか(笑)」というお客様がいらっしゃいます。
なので、つい最近ホームページの先頭に北海道のマークを入れてみました(笑)

こうなったら、熊のマークとか、GLAYとか、しまいには松山千春のマークとか入れてみましょうかね。あ・・・中島みゆきの方が良い?(笑)

という冗談はさておき、

いつ書いたかは、もう定かではないのですが(笑)水性バインダープラスチゾルインクの中間のインクという事で「アクアゾルインク」をご紹介してからというものの(だと思います)、アクアゾルインクのお問い合わせ及びご利用が一段と多くなってきています。
という訳で、一旦整理のためにこの3インク(水性バインダー・アクアゾル・プラスチゾル)の比較を表にしてみました。水性バインダーからは弊社「オールマイティーバインダー」に登場してもらいます(笑)

 

オールマイティー アクアゾル プラスチゾルインク
刷版 耐水性 耐水性 耐水性を推奨(耐油性でも可能)
版の洗浄 水道水のみ 水道水のみ
  • 水洗可能剤併用で水道水(耐水性版)
  • 適応する溶剤(耐油性版)
版上でのインクの保管 不可 不可

不可

※長時間放置すると、スクリーンメッシュを痛めます

乾燥条件 130~150度にて2~3分

アクアフィキサー併用で短縮

  • 大凡150~170度で45秒の非接触遠赤乾燥
  • 大凡150~170度で90秒の接触乾燥

※低温硬化型はそのインクの乾燥条件を参照

弱撥水布への対応 Ripe3硬化剤併用(1%)にて可能 不可 ナイロンボンド併用(6~12%)にて可能

低温硬化型は不可

PantonColorへの対応 可能 可能 MatchingSystemインクのみ可能
仕上がり風合い
(プラスチゾルインクを普通として)
極柔 普通
版詰まり 可能性大 可能性小 皆無

供給元

国内 国内 海外
 インク粘度 柔らかい 普通 硬め
希釈 乾燥遅効剤

※隠蔽性に影響なし

乾燥遅効剤

※隠蔽性に影響なし

レデューサー

※隠蔽性が下がります

隠蔽性 高い 高い 高い
シマー(金・銀・パール粉) シマー及び防錆剤を使用時に混合 シマー及び防錆剤を使用時に混合 シマーを使用時に混合
※既製品は既に錆が発生している場合が有ります。

 

普通、売りたい商品を少しでも有利に表現したくなるものですが(笑)弊社はいずれも良いインクだと思っているので、至って客観的に書いたつもりです。

ひょっとすると、特に「プラスチゾルインク」の項目中に「私が聞いているのと話が違うぞ!STANCEは嘘を書いているのではないか!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、お客様に使って頂いて、最終製品にトラブルが起きてしまうのが一番まずい事と認識していますから、少なくとも嘘は書いておりません(笑)

最終的には「実際に使ってみて比べてみて下さいね」としか言いようがないのですが(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

少し頭を捻って工夫が必要

シルクスクリーンプリントの基本形は「平面」に印刷する事です。
何故ならば、縦横にピーンと引っ張って張ったスクリーンメッシュによる「版離れ」を利用したプリントだからです。

これを無視したものであれば、例えばヘルメットの全面に、ヘルメットよりわずかに大きい形の枠を作って、スクリーンを接着したものをを版として使用すれば、なんとか印刷は行う事が出来ます。

印刷結果はご覧頂いた通りになる訳ですが(笑)

 

さて、

 

通常のウエアにプリントする場合は問題ないのですが、キャップ(額の部分)にプリントしたい場合、通常のTシャツプリンターのボード上ではプリントが困難です。前述の通り。

こうした場合、以下の方法でお試し下さい。

  1. キャップホールドアタッチメントを使用する
  2. プラスチゾルインクで転写紙を作り、熱プレスする

 

1は、通常使用しているプリンターのボードをそっくりそのまま入れ替えるだけで良いのですが、版離れの点で気を付けないと、スキージの進行方向の奥側若しくは手元側に向けて濃淡が起きてしまいがちです。
また、キャップの品質によっては、キャップの中綿に誤差があり、1個1個で版離れの違いが起きやすい事です。

そして、多くの(数百とか)キャップにプリントしようと場合にもこの方法は向かないという事でしょう。
Tシャツプリンターの、例えば6アームすべてにアタッチメントを用意したとしても、通常のシャツをセットするのに比べると多少時間がかかってしまいます。アタッチメント代だって馬鹿になりません。

そこで2の方法の出番となります。
この方法を順に説明すると次の通りです。

  1. 版を通常のプリントとは別にミラー(鏡像)で作成する
  2. プリント面積に対して十分な大きさの離形紙を用意する
  3. この離形紙にプラスチゾルインクでプリントして指触乾燥する
  4. プリントがすべて完了したら、出来上がった転写紙を裏返してキャップに熱転写する
  5. 離形紙は完全に冷めてから剥がす(コールド・ピール)

以上ですのでとても簡単(笑)そうに思えます(笑)

では、細部を順に。

2の離形紙は、例えばキッチンペーパー(笑)とか、シールを剥がした残りの台紙(笑)とか、本来は「シリコンペーパー」などと呼ばれるしっかりした製品を使った方が良いのは確か(笑)
でも、原理としては先述のものでできない訳では無いのでお試しください。

3の「指触乾燥」とは最終乾燥ではなく、指で触れてくっつかない程度の乾燥を言います。詳細はインクの乾燥温度から30~40度低温で数十秒行えばその程度になります。

5のコールドピールは、熱いうちに離形紙を剥がそうとすると、インクが一緒にくっついて剥がれてしまいます。

プラスチゾルインクで一度転写紙を作るという方法は、何かと応用が効くもので、これまた箇条書きにすると

  • 同じデザインのプリントが、あとから追加で注文が来そう
  • ナイロン(無撥水)の生地に多色プリントしたいが、1色を熱乾燥する際に生地が縮むので多色は断っていた

など、直接印刷が難しいって場合に応用できます。

この方法の肝は3番の「指触乾燥」です。160度(メーカーによって多少違いが有ります)などの完全乾燥を行ってしまうと、これはもう転写は不可能と言ってよい状態です。

メーカーによっては、転写「しやすい」タイプのインクだけを転写可能なインクとして公表していますが、この指触乾燥→転写のラインを会得して頂く事が出来れば、メーカーが公表していないインクでも「プラスチゾルインク」であれば、単独で転写可能です。

要は、べったりくっついてしまう事のない「紙」に、一旦インクをプリントしておいて、完全に乾く前の状態でエイやっ!と生地に転写してしまってから完全乾燥しましょうよ、という仕組みです。

ただ、インクによっては向き・不向きが有ったりしますから、これを補助するために、指触乾燥後のインクの表面(最終の転写時、生地に接するインク面)に転写用の感熱接着剤を塗布する事もできます。

「自慢のデザインが出来上がったとはいえ、まだどの位注文が来るか解らない」なんて場合も、とりあえず転写紙として大目にプリントしておけば、注文がきた時にいちいち版をセットして、終わったら版を洗って、を繰り返さなくて済みます。その都度、必要になった分だけ生地を取り寄せれば良いので、最悪無駄になるのはインクの原価だけという、割とお得な方法でした。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →