スキージの動きとインクの流れ方

問題です。まず下の図をご覧下さい。

プリント時のスキージとインクの図ですが、スキージは左から右に動いています。版の孔から次に落ちるインクは黒でしょうか?赤でしょうか?青の部分でしょうか?

答えの前に、もう一つ問題です。

これって何だと思いますか?

これは、とあるメーカーのスキージです。どこにもゴムがついていませんね。でもちゃんとしたメーカーのちゃんとしたスキージです。ただし、意地悪な事に逆さまに写っています(笑)実は自動機用のスキージで、写真では下の部分を機械にホールドして、写真では上側が、通常のスキージブレード(ゴム)の役割を果たします。
これも、写真の左から右に動かしてインクを落とします。向かって右側がインクの当たる部分です。見て解る通り、先端の角度を違えていますね?これがアタック角度の違いです。インクの落ちやすさは右端・左端・真ん中の順となります。

これ、金属製なので、いくらスキージ圧を上げようと、アタック角度は変わりません。不変です。

実際の印刷時には上の図のようになります。小さくて見づらいかもしれませんね(笑)
インクはスキージと、スクリーン(版)の間でローリングしています。波の水の動きと同じです。
スクリーンプリントで、インクを「落とす」と表現する意味がお解り頂けたでしょうか?

冒頭の設問の答えは

「おおよそ青・赤・黒の順」

という事です。

ここで問題になってくるのがスキージブレード(ゴム)の質です。

冒頭の図で言えば青のあたりからインクが離れる訳ですから、ここがスムーズに離れる品質が無くてはいけません。

又、特にプラスチゾルインクをお使いの場合、スキージブレードの清掃に何らなの溶剤を使用している場合。この場合、スキージブレードの質によっては、ゴムの劣化が異常に早い場合があります。こういったスキージをお使いの場合、劣化=固くなる=アタック角度が大きくなる(ブレードが垂直に近くなる)ですから、いつも通り印刷していても、インクの落ちる量が徐々に少なくなっていきます。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

北海道胆振東部地震のその後

9月6日に発生した、平成30年北海道胆振東部地震の際は、多くの方にご迷惑とご心配をおかけしました。

各メーカー様の中には、弊社が発注させて頂くとすぐに電話を頂き「あぁ。大丈夫だったんですね?どうなってるのかと思いながら怖くて連絡できずに申し訳ございません」(笑)など、暖かいお言葉を頂きました。
また、前回の記事でも書かせて頂きましたが、地震当日の8時前にお電話を頂いたお客様を皮切りに、本当に多くのお客様からご連絡を頂きました。誠にありがとうございます。

弊社のある北海道札幌市は、市民のほとんどが「災害の少ない地域」と思っているのでは無いかという位で(筆者だけ?(笑))、これまでにも道内の遠く離れた震源地の地震は度々ありましたが多少揺れるだけ。ただ、今回は筆者の住居も震度5でしたから、多少焦りました。でも、多少です(笑)
揺れで目が覚めた数秒後に電気が止まり、数十秒後に揺れが止まり。「あらら・・・」と思いながら、暗闇の中まずは老眼鏡とスマホ探しに躍起になりました。就寝前に置いておくところを一カ所に決めていないので(笑)

さてと、と思いながらタバコに火をつけ窓を開けて外を見て、初めて「停電って、うちだけじゃ無いんだ」(笑)落ち着かずにいるワンコ2頭をつれてマイカーのTVをつけると大事になっていました。
8時頃に、機能していない信号機を何度も通り過ぎて事務所まで来てみると、棚からインクが大量に落下していました。しばし呆然としながらも「こんだけで済んだから、後は電気が通じてからね」とあっさり諦めて帰宅(笑)

以前は良くキャンプに行ってたのでランタンは有りましたし、CDラジカセ+電池も有ったので、昼寝と犬の散歩を繰り返すうちに次の日の夕方、電気が通じるまではあんまり苦労はしませんでした。
ご近所のガソリンスタンドやスーパーにはなが~い行列ができていましたが、個人的には「2~3日たてば平常に戻るさ」と思っていました。日常蓄えていた体脂肪で凌げると(笑)2日の間に口にしたのはポテチ1袋(笑)

震源地およびその周辺では未だ大変な状況が続いておりますし、札幌市内でも特定の地区では液状化が原因で、住まいが大変な事になっていたりします。が、そのような中、弊社および弊社社員は既に日常の生活を取り戻しております。

で、今頃気づいたんですけど(笑)弊社、昨日の9月12日で創業10周年を迎えました。ホームページの会社案内を更新する予定でいたのもすっかり忘れておりました(笑)

今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

北海道胆振東部地震

報道でご存知の通り、本日午前3時過ぎに発生した震度7の地震により、弊社(株式会社スタンス)及び、ネットショップ( Web-Stance )は、業務を一時停止させて頂いております。

全道的に停電が発生し、徐々に回復はしておりますが、弊社事務所及び私の自宅は未だ未復旧です。

この半日の間にも、私のスマホに直接ご連絡を下さったお客様、Messageを送信下さったお客様など多数の励ましを頂いております。誠に感謝に絶えません。停電が未だ復旧していない事もあり、スマホ、タブレットのバッテリー節約のため、個別に対応させていただく事が出来ず、申し訳ありません。

私自身が確認した所、弊社事務所の物理的な損害は僅少で、社員の身体的被害、精神的な被害においてもほぼ有りません。事務所の停電が復旧次第、通常の業務を再開させて頂きます。ご迷惑をおかけしているお客様には誠に申し訳ありませんが、今しばらくお時間を頂けますようにお願いいたします。

私個人は、少し前まではキャンプに凝っていた事もあり、ランタン一つで生活する事もさほど区にはなっておりません。

大型犬二頭と暮らしていますので、いざとなったら常備して有るドッグフードでなんとかならるわい!位の気持ちでおります。

要は根からの超ポジティブ思考人間です〈笑〉

電気がないというだけでこれだけ不自由なんだと思う反面、雑音が無い分、様々な事にゆっくり思考を巡らせる事ができています。日常の生活に戻っても、この経験を活かせますように。