に投稿

隠蔽性の違いはなぜ起きるかー実はブリード(再昇華)していた

「隠蔽性の違いはなぜ起きるかー」シリーズの最終回です。

なかなか良い前説が浮かばないのでいきなり本題です(笑)

 

お問い合わせを頂く際に

「色が沈んじゃうんですが、濃い白インクはありますか?」とか

「色がくすむんですが、硬いインクはありますか?」

などと言われる場合の多くが・・・と言うか、ほとんどの場合、逆に

「印刷されようとしている生地の材質は何ですか?」と質問させて頂いています。

そして、大概の場合は「ポリエステル(100%、混紡)です」というお答えが返ってきます。

 

話が本題からそれてしまうので、ごく簡潔にまとめると、

ブリード(再昇華)とは「(この場合)生地に染色された染料が、インクの接着力によって移染し、インクの色が濁ること」を言います。

おや?熱をかけるとブリードするのでは?

と思われる方が多いかと思います。

確かに一定の温度で硬化する「プラスチゾルインク」の場合、ほとんどがブリードを止めることは不可能と言われ「だからうちは水性を使っている」とおっしゃる方もいらっしやいます。

それは、それらの生地を製造する工程で、熱を使用して染色しているため、その条件より高温を使用すると、逆に染料が離脱してしまうからです。

一例をあげますと、木造モルタルの家屋の外壁のひびを補修している箇所をご覧になられる機会が有るでしょうか?

もともと塗った外壁の色で補修したにも関わらず、色に段差ができてる場合が多く見受けられます。

これは、外壁の下地材の色が、モルタル(外壁材)にブリードしたためです。この家屋の外壁には太陽光による熱しか与えられていなかったはずで、それほど高温とは思えません。

染料はインクの接着力によって初期移動します。それを助長してしまうのが過熱です。

インクは生地にくっつこうとする力が有ります(だからインクは接着する)。力という物は、くっつこうとする力に対して「離れようとする力」が同時に存在します。生地は離れよう離れようとします。そして、生地にしがみついていた染料が、我慢しきれなくなってインクによって引き離されてしまう。

これが「ブリード(再昇華)」です。

結論を言うと、ブリードしやすい生地はどうあがいても100%ブリードを止めることはできません。

水性バインダーで、綿100%の生地と、ブリードしやすいポリエステル100%の生地に、同じ条件で印刷・自然乾燥して放置してみて下さい(数日から数週間)。

ポリエステル100%の方「だけ」を見ている分にはブリードしていない様に見えていても、綿100%のものを並べて見ると確実にブリードは進行しています。

全然簡潔にまとめていませんが(笑)

このようにブリードは誰にも100%「は」とめられないので、「色が沈む」「色がくすむ」のも止められません。

いくら印刷を重ねようと、インクの接着力が次から次へと染料を引っ張り上げてしまうのですから。

ただ、この原理をご理解いただけるとそうでないのとでは大きな違いです。これまで「濃い」インクを探していたのは間違えで、「ブリードしづらい」インクや方法を探せば良いのですから。

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

に投稿 コメントを残す

隠蔽性の違いはなぜ起きるかー重ねる際に中間乾燥していない

しばらく間が開いてしまいましたが、決してサボっていた訳ではありません(笑)

この間に結構「ネタ」は溜まっているんですが、頃合いを見計らっています(笑)

 

さて「隠蔽性の違いはなぜ起きるか」シリーズに戻ります。

 

スキージストロークを2度ほど行うとそれ以上「そのまま」繰り返しても印刷の濃度は上がりません。まぁ、隠蔽性のある色(黒・紺などなど)は2ストロークほどでも十分ですが。

という訳で、当然の様に行っている人には不可思議な話なのかもしれませんが「一度乾燥を挟む」と隠蔽性が確保できるようになります。

しかし、その乾燥を途中に挟む事が出来ない場合があります。

それは「テンションが無い版を使用している」場合です。

テンションが極端に緩い版の場合、一度ストロークしてしまったが最後、版を持ち上げると「2度と正確には」もとの柄には重ねられなくなります。

某〇〇くん、の版をお使いになっている方からのお問い合わせに多いのがこのパターンで、

「なんとかならんもんでしょうか・・・」

と言われても、

「フィルムを版に挟む際に、柄が伸びない程度に可能な限り引っ張って枠に挟み込んでください・・・」

と言う他ありません。

これまでのシリーズで書いた通り、版にテンションが無いので当然一度のスキージストロークで落ちるインクの量も少なくなっているので・・・・

結局は色々インクを探しても徒労に終わってしまいます・・・

ただ、これまでの版を変える(例えば感光剤を使用した写真製版に)事は大変です。

弊社ではご相談者のお話を色々伺った上で、2通りのお手伝いをします。

一つは、これまでの版を使用したままで「なんとか」向上させる方法を探りあう。

もう一つは、写真製版を如何に短期間で習得して頂くか

です。

 

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

に投稿 コメントを残す

感光乳剤の保管方法

思い立ったら、前シリーズを一旦忘れて別のシリーズを書き続けるあたくし(笑)

この「保管方法シリーズ」もいつまで続くか解りませんが(笑)GoogleAnalyticsを時々眺めていると、度々(別の地域で)検索されるWordが有りまして、今回たまたま私の目に触れたという訳です。

 

さて、インクに引き続き感光乳剤の保管方法ですが、ごく簡単に言うと「冷暗所」

これは基本です。感光剤は高温多湿を嫌います。外見は劣化があまり解りませんが、劣化すると以下の症状が現れます。

1.通常の露光時間で固まらない

2.きちんと出来上がったはずなのに、数度のプリントで壊れる

3.エッジが(いつもより)汚くプリントされてしまう

4.カビが生えていた(笑)

 

要は適正な紫外線を適正な時間照射しても今まで通りの版が出来上がらなくなる訳ですが、こうなったら勿体ないけど捨てましょう(笑)

「なんとか使えませんかね?」というご相談も受けたりしますが。無理です(笑)

ジアゾ系の感光乳剤は「主剤」に「感光剤」を混合して使用しますが、毎回の使用量があまり多くない場合、劣化が気になるでしょう。

基本、感光剤は(生ものですから)放っておいても劣化しますが、主剤に感光剤を混合すると劣化が早くなります。

使用する分だけ主剤に感光剤を混合して使用する方が経済的ですね。

 

以下親しくしている感光乳剤メーカーの担当に聞いた話ですが、「最近は購入されたエンドユーザー様から直接のお問い合わせが多い」そうです。

そのメーカーに直接聞いてくる事なので、ほとんどがその商品に関する事で、メーカー担当も嫌な顔一つせずに(想像ですが)対応してくれるでしょう。

でも、本来は購入した販売店に聞いてみるのが第一です。まぁそこがきちんとした説明をしてくれないからなのかもしんない(笑)

 

以下余談

 

例えば、半年に30版(1と月平均的に5版)を露光して使用しようとします。

使用期限が3ヶ月で1,000円の商品と、使用期限が1年で1,500円の商品があります。どちらも容量は30版分コーティング可能です。

どちらを使った方がお得でしょう?

単純に考えると1,000円の方がお得の様な気がします。どちらも半年で1本(30版分)購入すれば良いと思えるからです。

しかし、前者は使用期限が「3ヶ月」ですので半分は無駄にしてしまいますね(理論上)。こちらは結局半年で2本購入しなければならなくなります。

あまりに安価な感光剤は劣化が早い事も頭に置いてお使いくださいね。

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

に投稿 コメントを残す

インクの保管方法

生ものはどんな物でも使用期限という物が存在します。それは空気に触れることで様々な形で化学変化するからだと、思う(笑)

 

さて、シルクスクリーンに使用する「インク」も生もの?

生ものかどうかはさておき、水性バインダーは空気に触れることで蒸発乾燥します。また、いくら「密閉」保管していても、樹脂とターペンが少しずつ分離します。

※ターペンレスバインダーは除きます。

 

対してプラスチゾルインクはどうでしょう?

プラスチゾルインクは一定の熱が無ければ硬化しません。しかし「熱が無ければ硬化しない=劣化しない」という等式は成り立ちません。

勿体ないと思わない方は(笑)お試し頂ければ解りますが、インクバケツを開けっ放しにしたまま放置してみましょう(笑)

 

水の沸点は100度(1気圧で)ですが、室温でも蒸発します。なぜでしょうか?

密閉した透明容器の蓋に水滴がつくのをご覧になった事が無いでしょうか?空気中にある水は、常温でも蒸発→液化を繰り返します。

水が空気に触れない場所から気化する温度が「沸点」で、水は沸点以下でも、空気に触れている部分からは「蒸発」します。

この現象は水だけではなく、すべての液体に当てはまります。

 

プラスチゾルインクのの中にある可塑剤(PVCを柔らかくする物質)の沸点は(物質によりますが)155度程度です。が長期間放置すると、水と同じようにやはり蒸発します。

 

水性バインダーも、プラスチゾルインクも密閉容器に保管するのが原則だという事が解ります。

 

時々頂く質問に「プラスチゾルインクは、使用後の版を(インクを掃除しないまま)そのまま保管できますよね?」という話がありますが、全くお勧めしないのは以上の理由です。

それに、保管している間に埃がついて「このまま刷っちゃうの?」という状態になってしまいますけど(笑)

インクを選ぶ判断基準の第一はあくまで「印刷後のできあがり」に置くべきで、その後に扱い易さを持ってくるべきです。

 

水性(水系)バインダーは乾燥が早い分、版詰まりを起こしやすいインクですが、洗浄は簡単です。

プラスチゾルインクは熱硬化のため版詰まりは皆無ですが、洗浄は専用薬剤を使用しなければ水洗できません。

 

また、水性バインダーをお尻に付いた事に気づかずに車を運転しても、最悪運転席の椅子にインクが付着する程度で済みますが、プラスチゾルインクはインクの付着に気づかないでいると、どこまでも感染が拡がります(笑)最悪、奥様お気に入りのソファーまで汚す事になりかねませんから(笑)

本題からかなりずれましたが(笑)インクの保管は密閉容器で。そして、あまり温度変化のない場所に保管しましょう。

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

に投稿 コメントを残す

段差は無理・・・と思いきや

大雪が降った朝の犬の散歩は危険です。新雪が積もった道路は、実際の段差が解りずらく、時にはから足を踏んでしまったり(涙)

若い頃から視力だけは良かったので、現在老眼は甚だ酷いものがありますし(笑)

 

さて、シルクスクリーン印刷は曲面や段差をひどく苦手とします。

曲面に関しては、曲面印刷機があったり、軽い曲面でしたら、ナイロンスクリーンを活用して何とかプリントできない事もないんですが。

一番厄介なのが「段差」です。

例えばナイロンジャケットなどで背中に縫い目があるウエアがあったりしません?

通常は、この部分を避けてある程度の距離を取った部分にしかプリントできないのが普通です。あまりに段差に近いと、近すぎる部分にインクが落ちずらく、掠れたりしてしまいます。

これはシルクスクリーン印刷を知っている方なら当然の事ですが、エンドユーザーの方は「そんな事知ったこっちゃない」という事で(笑)

「なんでこんなに(プリントが)汚いの!」

とか言わかねません(笑)

 

そんなこんなで、そんな部分にプリントの注文が来たら、泣く泣くお断りしてきた貴方に朗報です(笑)

 

こんな時に必要な3種の神器(笑)

 

1.Ink Drop Sheet

2.特別なスキージ

3.プリントボードを少し加工する粘り(笑)

 

これを応用すると、ジッパーの部分にも(ジッパー自体には密着しませんが)割合綺麗にプリントできます。

 

ただし、1と2を揃えただけで「ハイできました」という代物ではなく、3の部分の説明が非常に難しいのでここでは書けません(笑)

ちなみに2の「特別なスキージ」も普通のスキージではなく特注品になります(笑)

これって秘儀なので(笑)さすがに公開はできません(笑)

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら