に投稿

インクの乾燥ープラスチゾルインク編ー

今年の台風(9号)は珍しく北海道の各地にまで被害をもたらしました。

わが社のある北海道は台風はもとより梅雨もなく、おまけに札幌近郊は地震も少ないという、こういった点では他地域の方からは羨ましがられる地域ではあります。

よく勘違いされる「熊」は札幌には滅多に出ません(笑)

 

なんでこんな話から入るかというと、やっぱり今日の内容に関係するのですが、インクの乾燥に関して、いまひとつしっかり認識して頂きたい事があるからです。

今回説明する「プラスチゾルインク」は、一定の温度と時間を必要とするインクです。

インクメーカーは例えば「160度で40秒」などと明示しています。

これは乾燥時の印刷インクの「表面温度」が160度で40秒です。乾燥機の温度表示が160度で安心していては危険だという事です。

昨日ご質問頂いたお客様とお話している内に分かった事ですが、(トンネル)乾燥機を使用しているが、機械を納品した業者が温度設定のダイヤルを「このあたりにして使ってください」というような説明をしたらしいのです。

その業者さん、その部屋の風向きとか、湿度とかがいつでも一定だと思ってるんでしょうか?(笑)

まさかと思われるかもしれませんが、通常の向きと90度変更して設置すると、トンネル乾燥機の中を通るインクの表面温度は10~20度くらい変わろ事が多いのです。信じられないかもしれませんが本当です。これは部屋の中には空気の対流があるからです。

湿度が上がると、温度は下がります。梅雨の時期には部屋の湿気が多く温度は下がりますし、プリントしたボディも水分を含んでいると、インクの表面温度は下がります。嘘だと思ったら実際に計ってみましょう(笑)

 

ちなみに、トンネル乾燥機の入り口と出口の温度はかなり下がっています。乾燥機の炉長がとても短い場合は、既定のインク温度に到達している時間が何秒間か計測してみましょう。炉の真下を1分間ながれていても既定の温度になっている時間が15秒位かもしれませんよ。繰り返し3回乾燥しないと、後々インクがはがれるかも知れません。

 

ondokei2

 

このブログにも何度か登場させていますが、放射温度計で1日1回、その日の作業を開始する前に温度テストをすべきです。

amazonでも売ってます。安いのなら1,000円台で買えます。いつ壊れるか知らないけど(笑)

 

蛇足ですが、トンネル乾燥機を使用する場合と、熱プレス機を使用する場合では当然、乾燥時間は違います。海外のインクメーカーのHPなどにはきちんと掲載されています。

トンネルの様な非接触の場合はプレス機の様な接触の場合より時間短いのが常識です。某Y社さんのHPでは間違っていますが(笑)

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

に投稿

版は綺麗にして使いましょう

のっけからなんなんですが、弊社は実際の「ショップ」を構えている訳ではありません。勿論、きちんとした事務所で仕事をしていますが、商品を陳列してその場で販売はしていないのです

と、こんな事を書くのは、つい最近、外で仕事を終えて事務所に戻ると社員からこんな話が。

「突然男女のカップルが玄関にいて、何も言わずにスリッパに履き替えて入ってきたの・・・」

(笑)そういえば、起業して数年後の年末大掃除をしている時に、箒片手にふと玄関を見ると、ひとりの男性が立っていたっけ。そう貴方です(笑)

弊社のホームページやショッピングサイトを見て、どうせ近くに来たんだから現物を見て買いたい、と思われる方が多くなってきているようで。それはとてもありがたい事ですが(笑)

 

という訳で、今回は地元北海道でのお話。

とある日、最近他社から感光乳剤を弊社のものに変更して頂いたお客様のグループリーダーTさんからお電話が。

Tさん:「あのさぁ、版が壊れるんだけどぉ・・・」

たか坊:「うちの製品(感光乳剤)が不良品だって言いたいんですね?(笑)」

Tさん:「うん(笑)いや、そうじゃないんだけど、どうして壊れちゃうの?」

たか坊:「ぢゃぁ、明日いきまーす」

 

という訳で、次の日現場に赴き、実際に製版・プリントを行っているお嬢様と面談しました。

たか坊:「どんな時に壊れます?」

お嬢様:「金粉をプリントした版です」

たか坊:「Tさん、全部じゃないんぢゃん」

Tさん:「そうみたいね(苦笑)」

 

というやり取りの後、書くと10ページくらいにはかるく到達してしまうので要約します(笑)

 

こちらのお客様の場合は溶剤型のインクに金粉を混合して刷ったあと、版を溶剤できれいに掃除していましたが、その使った版の隣に新たに乳剤を塗布して露光した部分が壊れやすいという事でした。いわゆる「部分製版」というのを随時行っていた訳です。

様々なコストを考えると、小さな印刷を繰り返す事が多い場合、1つの版に小さい面積で何回にも分けて乳剤を塗布・露光という事を繰り返す場合もあります。

ちなみに、このお客様は完全に版を使い終わると、業者に「落版」を依頼しています。

たか坊:「うちの乳剤に変えて貰ってから発生するようになったんですか?」

お嬢様:「いいえ。前からずっとなんですけど(たか坊に)原因を解明して貰えないかなぁと思って」

たか坊:「・・・・・(Tさんを半笑いでにらむ)(笑)」

Tさん:「ご、ごめん・・・」

結局原因は落版などの適当さ加減でした(笑)

聞いてみると、特に最近の落版は綺麗に落ちていない事が多くなっているとの事でしたが、時にはスクリーンに油のようなものが浮いている事もあるとの事でした。

たか坊:「そんな時は、アルミ枠を投げ返しましょう(笑)」

スクリーン版のメッシュに感光剤を塗布する前には「脱脂」という作業をしなければいけません。これはいかなる場合においてもです。これをしないでコーティング・露光を行うと、思わぬ版壊れにつながります。

新品のスクリーンメッシュを張った際にも脱脂。落版したあとのスクリーンメッシュも脱脂です。

理由は、スクリーンメッシュと感光乳剤の間に介在するものを無くす為。

シンナーなどの溶剤で綺麗に拭いて自然乾燥したから良いぢゃん!などと思ってはいけません。

アルコール類で拭くと尚更いけない事が起きてしまいます(笑)

アルコール消毒っていう位だから良さそうな気がするけど(笑)ダメ。

 

たか坊:「落版にお金払ってるの?落版剤買って自身で落したほうが安上がりだし、こんな状況じゃその方がよくないっすか?」

Tさん:「やってみせてょ・・・」

 

という訳で、後日実演しなくちゃなんなくなった(笑)

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

 

に投稿

こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方(その参)

しばらく経過してしまいましたが、夏季休暇の予定はすべてを消化する事は不可能でした(笑)

休みの2日目に一人出社し、社内、、もとい私周りの整理整頓に意を決して、棚の内容物を床におろし始めたのはいいんですが・・・・途中で「こんなの半日・・いや1日でも終わらんぞ・・・」という事に気づきました(笑)

結局休みのうち3日間、午前中出社してほぼ完了。

でも、プライベートの目標のうち、スピーカー用のエンクロージャーを作るというのは、ほぼまったくの手つかずに終わりました。

 

そんな訳で、夏休みも終わり、気分一新でお仕事を始めた訳ですが、ブログは前々回の続きです。

 

「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」の後半2つ。

3.スクリーンメッシュの番手(#120とか、#200とかいうやつ)によって、スキージの硬さを変えてくださいと謳っている。

4.プラスチゾルインクでウエットオンウエットプリントが簡単にできますと謳っている。

というのには気を付けましょうという2つの詳細説明です。

 

まず「3」について。

のっけからですが、スキージという道具は「ひきずる」様に使うものではないという事です。

オフコンタクト(版と被印刷物の隙間)を開ける前提では、スキージを垂直方向に押す力とスキージを手前に引く力が必要になりますが、押す力(スキージゴムを版に押し付ける力)は余計には必要ありません。

考えてみれば、どんなに強く押し付けようと、落ちるインクの量は増えません。逆に余計に押し付けながら手前にひっかくと、特にベタ印刷時の中央部分はインクの乗りが悪くなります。折角一度落ちたインクを欠き取ってしまうためです。

さて、低メッシュの版でテンション(スクリーンメッシュの張り強度)が足りないと、スキージを引いた際にこれらの力の加減で、むき出し部分のスクリーン糸がよれる場合があります。通常平行かつ均等に張られている糸の密度が、部分的に不均衡になってしまう状態です。

しかし、これは50メッシュ以下の場合において多く起きる現象で、それ以上(目の細かい)のメッシュの場合に起きるのは紗張り強度が極端に弱いためです。

「ハイクオリティーなシルクスクリーン云々」と書いてあるくせに(笑)「スクリーンメッシュ80の場合はスキージの硬度は50度まで」しか使えないというお店があるそうです。

というか、そのお店で張った現物を見せて頂きましたが、簡潔に感想を述べると

「Tシャツくんなどの版を使っていた人には、強く張っている版に見えるけど、これじゃぁゆるゆるでエッジがシャープな印刷はむりですね・・・」

 

さぁ、気を取り直して(笑)「4」

「ウェットオンウェット」というのは、多色印刷を行う際に次の色をプリントする前に、いま刷り終えたインクの中間乾燥(指で触ってべたつかない程度の乾燥)を行わずに、次々と重ねて印刷する事を指します。

これまた、アメリカのカタログか何かを直訳した業者がいるからこういう事になるんですが(笑)

そんな事簡単にできるはずないだろ!という事です(笑)

普通に考えると、1色目を乾燥せずに2色目の版をそのまま被印刷物の上におろすと・・・

2版目の「インクを通過しない部分」、感光剤の印刷面にインクが付着しますよね?どうすんですか?(笑)

次にその版をおろすであろう隣の被印刷物にベタンとおいても、当然その被印刷物にはそれ以前にその色で印刷されているので大丈夫!汚れません!と豪語するのはアメリカ人か机上の理論しか知らない変な業者です(笑)

被印刷物や版に「移動してしまうインク」が有るという事は、移動してしまった部分になんらかの異常が起きているのはあきらかです(笑)それを気にしないのは

「ヘイ!ミッシェル!This is wonderful taste!」とかいうアメリカ人とか

「え?印刷はできてますよね?それがウェットオンウェットです」と開き直る業者かのどちらかで、かつ本当のウェットオンウェットの技術を知らない場合です(笑)

じゃぁ、どうやったらウェットオンウェットできるのかというと・・・教えません(笑)

というか、なぜウェットオンウェットしなくてはならないのかの意味があんまり良く分からないのですが(笑)

単に中間乾燥の手間や時間を削減したいとか、そもそも中間乾燥器を購入するコストを省きたいとか。そういう事でしたら考えを改めたほうが宜しいかと思うからです。そして、ウェットオンウェットをするためには別の手間や時間や資材が必要になる。という事だけはお話しておきます。

 

昨日、お問い合わせいただいた方にもお話したのですが、

「弊社は、購入して頂いている方は勿論、未だ購入されていない方のご質問やご相談もお受けします。その後、購入してくださる方もいれば、ご購入なさらない方もいらっしゃいます。なんだよをぃ・・買ってくれないのかい(笑)と思ったりもしますが別に損した気はしていません(笑)。弊社が即答できる内容であっても、それは良い復習の機会になりますし、ましてや即答できない場合は、それを解決できた暁には新たなノウハウになる訳ですから、いずれにせよ弊社は得をしている事になります」

内心では「販売した先位にはきちんと対応しろよ!」と某ショップには思っていますが(笑)

そうそう。前記のお客様がおっしゃっていました。

「スタンスさんのブログ(このブログ)を熟読しまして、ご批判されている先がA社・B社と書かれていたので、私が購入した先ではないなと、少しだけ安心していたのですが・・・ひょっとして・・・」

「はい。P社と書くとあまりにもわかりやすいんでA・Bにしたんですが(笑)安心してください。お宅様が購入した先でドンピシャです(笑)」

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

に投稿

夏季休暇です

弊社株式会社スタンス(Web-Stance)は明日8月11日から8月16日まで、夏季休暇、いわゆるお盆休みを頂きます。

こういった理由で、お電話によるお問い合わせは8月17日(火曜日)以降から受付させて頂きますが、FAXやe-mailでのお問合せ・ご相談は365日24時間受け付けております。

ですがご回答などは17日以降順次行わさせて頂きます。

例年、夏季休暇の間に多数頂くものですから、17日に返信がかなわなかった場合も辛抱強くお待ちくだされば、決してスルーは致しません(笑)

また、ウェブショップの方も365日24時間受け付けております。在庫などの関係もありますが、17日以降、順次発送させて頂きます。

 

さて、私休み中の私と言えば、

・普段あんまり遊んであげられないコリー2頭とたくさん遊んであげる

・スピーカーユニットを仕入れてあるので、新しくエンクロージャーを木工で作る

・会社の棚など作って備品の配置換えをする

・自分の机周りを片付ける(笑)

など、後半2点があるのでこっそり会社に来ます。でも電話が鳴っても出ません(笑)

皆さまも良い夏休みをお過ごしください。

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

 

に投稿

こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方(その弐)

前回箇条書きに4つほど書かせて頂きましたが、それぞれを解説してみます。まず今回は最初の2つ。

1.版枠ぎりぎり(枠の際から5cm以内)まで製版できると謳っている。

2.(↑と似ています)製版サイズを稼ぐために、アルミフレーム(枠)の太さをスリムにしていると謳っている。

 

そもそも、シルクスクリーン印刷の基本である「オフコンタクト」と「スクリーン版のテンション」を考慮に入れると、版枠の内側7cm以内に印刷デザインを入れるとインクを透過させることは不可能になります。

スクリーンメッシュ)と被印刷物の間には隙間(オフコンタクト)が存在し、スクリーンメッシュが適正な張力(テンション)で張られていれば、どんな硬いブレード(ゴム)でスキージストロークを行っても、その隙間は届かない。

もしも、これが届くのであれば、逆に以下の原因が考えられます。

1.スクリーンメッシュのテンションが少ない(緩い)

2.オフコンタクトがほぼ「0」に近い

3.使用しているインクの粘度が極端に少ない(緩い)

 

でも、これでちゃんとプリントできているんだからいいぢゃないか!とおっしゃるならどうぞ(笑)

お気づきかもしれませんが、市販されている某「〇〇くん」はこれに近いのです。

かの商品は、スクリーン版をフィルム上で作成した後に枠にはめ込む「簡易な」構造になっています。なので、おのずと版にテンションがまるで無くなります。このことによって起きる弊害をカバーするため、推奨の専用インクは粘度が緩くできています。

弊社にお寄せいただくご相談やお悩みの内

1.印刷が滲むんです

2.濃いインクが欲しいんですが・・・

3.低メッシュの印刷で紗が寄ってしまうんです・・・・

4.多色印刷の色と色がずれるんです(版は正確に作っているのに・・・)

5.水性インクを使っているんですが、版がすぐ詰まってしまって・・・

 

あぁ・・書ききれないので以下省略(笑)

 

上のようなご相談の多くは、版に起因します。

お電話やメールでのご相談ですので、現物は拝見していませんが、

1でインクの粘度を硬くしても

2で濃いインクをお勧めしても

結果はほとんど改善しないでしょう。「うちのインクは良いですよ。一度使ってみて下さい」と、インクを販売してから、上手くいかずに「あぁ、どうしてでしょうね」とか言った方が、余計なものまで売れてしまいそうですが(笑)

 

最後に、しつこいようですが「でも、これでちゃんとプリントできているんだからいいぢゃないか!」とおっしゃるならどうぞ(笑)

ちゃんとなんてできていないと思うけど(笑)

 

次回は、可能であれば(笑)残り二つについて書いてみます。

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

 

 

 

に投稿

こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方

3回ほど前に書いておきながらすっかり忘れて、違うテーマを書いていました(笑)

 

以前からこういった内容を書こうか書くまいか悩んでいました。

 

へんてこな販売をする業者様がいる→プリントされる方が困る→購入した先に質問する→明確な回答が来ない→困ってスタンスに質問する

こういった図式が崩れてしまいかねなかったからです(笑)

これまでも

「購入するまでは親切だったのに、上手く使えなくて連絡したら電話に出なくなった」とか(笑)

「スポットドライヤーから煙が出たので文句を言ったら、電気製品は使い方が様々なので保証外ですと言われた」とか。。(コンセントにプラグを差し込んだだけですが(笑))

「購入したインクで上手くプリントできなくて問い合わせたら、うちではできます、貴方ができないのが変なんです」と言われたとか(笑えない)

正直こんな対応は、お客様を馬鹿にしているとしか言いようがないんですけど、売ってしまえばこっちのものという感が丸出しです。

「他のお店から買ったものについて聞いてもいいですか?」

と、申し訳なさそうに相談を頂く事が多々あります。

折角シルクスクリーン印刷に関わって下さったのに、悩みを一つ解決できないばかりに、ひょっとした止めてしまうかもしれない。それって勿体ないよなぁ、と思うのでできうる限りご相談に乗らせて頂いています。

考え方によっては「なんで他人のしりぬぐいしなくちゃなんないの?」って事でもありますが(笑)特にそうは思っていないので、お気軽にご相談ください(笑)

正直言えば、へんてこな売り方をしている方がいる限り、弊社へのご質問・ご相談もなくならない訳で、販売の機会が継続される訳です(笑)

でも、今回からのシリーズ「こんな部分でわかる、落とし穴の見分け方」をお読みいただいて、私の話を信じて下さる方が増えると・・・・やめようかな(笑)

と、ひとまず今日は「HPにこんなふうに書いてあるけど、本当は間違いです」という事や「HPでこんなふうに見せていますけど、実際には疑問です」という事を箇条書きにしてみます。

 

まず「正しいシルクスクリーンプリント」を前提としています。

 

では

1.版枠ぎりぎり(枠の際から5cm以内)まで製版できると謳っている。

2.(↑と似ています)製版サイズを稼ぐために、アルミフレーム(枠)の太さをスリムにしていると謳っている。

3.スクリーンメッシュの番手(#120とか、#200とかいうやつ)によって、スキージの硬さを変えてくださいと謳っている。

4.プラスチゾルインクでウエットオンウエットプリントが簡単にできますと謳っている。

書ききれないので以下省略(笑)

私ら、従来からきちんとシルクスクリーン印刷の世界に携わっている者ならば、てんで解っていないな、と気づけることだとしても、これから一生懸命プリントしようとしている、まだ初期段階の方は「そうなのかぁ・・・」と思わされてしまいかねないのですね。

 

つい先日の事ですが、自作で露光機を作り、感光乳剤を購入して悪戦苦闘したものの、上手く出来上がらず諦めかけていたところ、弊社を発見して恐る恐る(笑)ご相談いただいた方がいらっしゃいます。

買ったところに相談しても埒が明かなかったそうですが(笑)

露光して水洗浄して出来上がった版でプリントしていると、本来インクが落ちない部分まで汚く印刷されてしまうとの事でした。

こういった場合検証しなければいけないことはたくさんありますが(笑)

1.本当にまともな感光乳剤か(笑)

2.露光時間は適正か

3.使用したポジフィルムは正常か

感光乳剤はまともなものでした(笑)「製版にこだわるプロ用」らしく(笑)

露光機が自作だったので、ランプのW数と本数、ガラス面(版の感光乳剤)までの距離をお聞きしましたが、最初は「露光不足」かとも思われました。

しかし、もう少しお聞きすると、露光の際に水洗浄する時に、インクの通り道がなかなか抜けなくて、スポンジで強めにごしごししたとの事でした。

という事は、ポジに原因が有りそうです。

これまたお聞きすると、市販のOHPフィルムに印刷したものを2枚重ねして使用しているとの事です。

はい。ここです。

ネットには、ポジフィルムの濃度が足りない場合は2枚重ねましょう、とかいう情報があったりしますが、これでは不完全な情報でして。

 

このお客様の場合、ポジの濃度が足りないために、インクの通り道を綺麗に抜こうとすると、露光時間がたりずに他の感光乳剤がきちんと硬化せず、さりとて時間を長くするとインクの通り道が抜けなくなってしまっていた様です。

ただ、当てている光は紫外線であって可視光線ではないので、ポジフィルムの黒の濃度を多少上げてもあんまし効果はありません。ましてや、市販のOHPフィルムはインクジェットプリンターのインクをはじきやすいので、2枚重ねたとしても無理な事が多いようです。

ここで何度か書いてもいますが」、モノクロの黒ではなく、カラーの黒で印刷しましょう。若しくは思い切って赤で作りましょう。

コピー用紙に黒で印刷し代用する場合も同じような現象が起きます。

こんどは黒の濃度はばっちりなのですが、他の部分が白とはいえ不透明なので、そこの部分も紫外線が透過しずらいのです。

 

という訳で、そういった場合はあまりじたばたせず専用のフィルムを使ってください(笑)

 

最後に本題に戻しますが、簡単な見分け方は、ご自身が上手くいかずに困った事を解決してくれるか、一度質問してみる事だと思います。

 

スタンスのホームページ

ショッピング(Web-Stance)のページ

 

過去のブログ(ameblo)はこちら