シルクスクリーン印刷の事は全て

創業して以来、ごく緩やかに(笑)右肩上がりの業績が続いております。

高校時代の同期生の一人が言ってくれるには「その方が良い」との事なんですが(笑)

急上昇したら急降下する場合が多いんだとか。

でもねぇ、急とまでは言わなくても・・・と思いつつ、堅調なのもお客様あっての事ですので、このままコツコツと頑張っていきたいと思います。私にはこの言葉が一番似合わない気もしますが(笑)

 

と言っておきながら、ここ最近お客様の数が少し多めに増えてきています。

「なんでだ」と思い、ここ最近変わったことと言えば・・・

 

header

 

そういえば、ホームページのトップに「お客様総数」のカウンターを表示したこと。「のべ」ではなく、純粋に重複無いお客様の数を表示してみたんですね。

いつの間にかこんな数になっていました(笑)

この中には、毎日のようにお電話でご相談下さる方もいれば(笑)忘れたころにいらっしゃるお客様もいます。

あと、最近の変化では、弊社をご贔屓にしてくださっている方からのご紹介でいらっしゃるお客様が増えてきていることです。

我が社のWeb-Shopでお買い物をしていただくと、最後の方でたった一つだけの(笑)アンケートがあるんですが、そこでわが社を知った理由というのが有りまして、ここで「知り合いの紹介で」という選択肢を選んでくださる方の割合が多くなっているのです。

とても喜ばしい限りです(御礼)

 

弊社のホームページをご覧頂くとお分かり頂けるように、シルクスクリーン印刷に関するものの中で、主に繊維製品への材料を扱っています。

でも、実はシルクスクリーン印刷に関する材料は「全て」扱っています。

なので、主に繊維製品にプリントされている方が、ユーザー様に頼られて、これら以外のものへの印刷を相談され、わが社にご相談いただく事も多いです。

シルクスクリーン印刷は、水と空気以外には印刷可能ですから、平坦面であれば、きっちり密着するインクをご用意いたします。

逆に言うと、繊維製品もそういった色々なインクの内の1種類です。

例えば「プラスチックに付くインクってありますか?」と言う質問には「そのプラスチックは、塩ビですか?アクリルですか?ABSですか?」という事からお聞きしなければならなくなるのですが(笑)

一般的な呼称だけではきちんと密着するインクは限定する事ができません。確かにアクリルに付くインクでも塩ビには付くのですが、プロとしてはそんな中途半端なお答えはできませんから(笑)

変な例えかもしれませんが(笑)(以前も書きましたかね?)

八百屋に来店した奥様に「芋下さい」と言われてサツマイモを販売したら、後で「カレーの中で溶けちゃったじゃない!おまけに味は変になるし!」と言われる大将にはなりたくございません(笑)

というかこんな八百屋さんはいないと思いますが。

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

以前のブログ(ameblo)はこちら

 

国産への拘り

なんだか関東地方の落ち武者頭の人が大変な事になってますが。

商売をやってる人間のブログでは宗教や政治やスポーツネタはタブーとか言われるのであまり書きません(笑)

私的な事で恐縮ですが(笑)私はほんの少しギターを嗜みまして。アコースティックギターと言えばMartinやGibsonが有名です。私も持っていますが、日本にも良いギターは山ほどあります。

K.yairiにS.yairiでしょ、Takamineでしょ。あ、YAMAHAでしょぉ。

MartinやGibsonはあまりに有名ですが、良い音で鳴るギターは国産でも、もっともっとある訳です。

ちなみに私は、ファッションにあまり興味が無いので、中国製のシルクの服とかは絶対買いません(笑)

おまけに台湾で印鑑作ったりしませんし(笑)作ったとしても会社のお金じゃ作りません。と言うか、領収書持って行っても、うちの会社の経理からは突き返されるのがオチです(笑)

あ・・・

もとい・・・

なぜギターの話、してたんだっけ?(笑)

そうそう。わが社というか、私の好みとして(笑)選ぶなら国産ってのがあります。なぜかと言いますと、単純な理由です。

せっかく日本人が頑張って作ってる(売ってる)中に良いものがあるのなら、お金は日本人に対して使いたい、そう思っているから。

そりゃぁ、海外製の方が「格段に」良いものがあるならそっちも考えますけど。

確かに、全く同じ品質やサービスが受けられるなら、出ていくお金が少ない方が良いのは確かかもしれません。上にも書きましたが、衣類に関してはほとんど易けりゃ何でも良い性質です(笑)

ただ、年相応のものをもたにゃぁいかんな、、という訳でこの前財布を買いました。色々悩んでみても始まらず(笑)

だって、いろんなブランドがあるかもしれないけれど、私にはどれも似合いそうもない(笑)

取引先のお兄さんに折角教えてもらったのも結局パス(ごめんなさいTさん)。

最終的に買ったのはここでした

 

本日は前置きが相当長くなってしまいました。

 

国産第一品でアルミスキージホルダーを発表いたしました。

 

sqizihundle_almi1

 

これにスキージブレード(ゴム)を挟んでご使用いただきます。

なぜこんなんがあるかと言いますと、

  • 木製のスキージハンドルだとゴムを挟んでいる部分の木が割れる事が有る(特に9mm厚のゴム)
  • 木製ハンドルの形状が気にくわない(笑)(手の大きさに対して小さすぎる)
  • ゴムの反対側が使えたら2度おいしくてもっと得な気がする(笑)

アルミスキージハンドルはこれまでも海外製でもありました。がいかんせん次のようなお悩みも

  • 外人用なのででかくて持ちづらい
  • 外人用なので重い(だかいんだから重いよね(笑))
  • ネジをなくしたらインチネジは簡単に手に入らない

などなど。

squizihundle_almi3

↑うちの女の子が持った国産の図

私は男なのに手が小さいので並べても男性の参考にはなりません(笑)手が小さいので、ギターも弾きずらい(笑)

15cmから5cm刻みで揃えました

 

スタンスのホームページ→

ショッピング(Web-Stance)のページ →

以前のブログ(ameblo)→