に投稿

版の重要性

二つほど前の記事で「版の再生」について書きました。感光乳剤を露光して作った版は、何度も再生して繰り返し使えるのですが、緻密な印刷を実現する場合には、再生した版では好ましくない場合があります。
主な理由を挙げると

  • 再生した版(スクリーンメッシュ)にゴーストが残存していて、印刷濃度にばらつきが起きる事がある
  • 使用したスクリーンメッシュは印圧によって若干でも伸張しており、テンションが微かにでも緩和されてしまっている

などなど。主にスクリーンメッシュに何らかのダメージが在る場合です。

しかし、これらは「緻密な印刷をする場合」であって、毎度毎度スクリーンメッシュを新品に張り替えていては、コストばっかりが嵩んでしまいかねません(それはそれで資材屋は嬉しい事なのですが.笑)。

ただ、被印刷物がどのような媒体であれ、また、どのような解像度のプリントを行うかに関わらず、版の状態は、シルクスクリーンプリントの結果に重要な影響を及ぼします。

ある程度粘度の有るインクを使用して次の2つの方式で印刷してみてください。

  1. 被印刷物に版をベタ置きで
  2. 被印刷物と版の間に10円玉1枚分の隙間を開けて

如何でしょうか?

では、今使った版より、スクリーンメッシュを強く引っ張った版を作って2の方法で印刷してみてください。
如何でしょう?
もし、違いが出ない場合はそもそも極端に張りが緩いという事です。

同じインクを使用しているのにも関わらず印刷の濃度に違いが出ている筈です。これまで「もっと濃いインクは無いか」とほうぼう探し回っていた事が走馬灯のように(笑)

シルクスクリーンの版はスクリーンメッシュを強く張れば強く張るほど良いと言われています。スクリーンメッシュのフィラメント(糸)にも弾性の限界があるので、張りの強さにもおのずと限界がありますが。
そうすると、ここに新たな問題が起きてきます。

「やっすい、ちゃちな枠を使っていては強く張った版=正常な版は作れない」という事です。

昔は木で作られた木枠も多かったのです。この場合でき得れば「欅(けやき)」「桜」「栓(せん)」などという硬木で作れば申し分ないでしょうが、これはちょっと勿体無いでしょう。
そこで、コスト面や耐久性、取り回しのよさなどを考え合わせ、現在多く使われているのが「アルミ枠」という事になります。

ここでA3サイズをプリントできる大きさのアルミ枠に求められるいくつかのの目安をお話します。

  • 厚み1.2t~1.5tのアルミ板で作られたパイプから成っている事
  • パイプの幅が30mm、高さが20mm有ること
  • 手刷りではなく自動機などで使用する場合は「ロ」の字のような中空パイプではなく「日」を横にした、中に芯があるタイプのパイプである事

これ以外の枠に、いくら「私はパンパンに張っています」と言っても、それは「緩い」と認識した方が宜しいです。その枠に「本来求めるべきテンションで」張ったら、その枠は3次曲面に歪んでいるはずだからです(「歪んでいないよ」という場合は緩いのです)。

最後に、こんなケースもあります。

  1. 「私は業者に張って貰っているので結構強く張っていると思います」という方
  2. 「強く張っても強く張っても、強くなりません・・・・」という方
  3. 「いや、本当に強く張ってるんですが、濃くなりません」という方

(笑)

 

1.

こうおっしゃられる方数件に、実際の版を送って頂きました。結果は弊社の基準では決して強くは有りませんでした。
その業者様の印刷物を見る機会があったのですが、印刷のエッジが結構滲んでいました。

2.

こうおっしゃられる方数件に、使っているスクリーンメッシュの種類をお聞きした所、

「(購入している先に)「ナイロンとテトロンは同じものだから」と言われてナイロンを買って張っています」との事でした。
ナイロンとテトロンは全く別物です。ネットで検索するだけで違いはおわかりいただけると思うので詳述はしません。
ナイロンは非常に伸びる素材ですので、強く張っても伸びるし、印刷時も伸びています。

3.

この原因の一つは、被印刷物の固定方法に拠ります。被印刷物は一般的にスプレー状の糊で仮固定しますが、特にポリエステル繊維は接着が弱くなります。
スキージストローク後、版を持ち上げる際に版面と被印刷物がくっついた状態で、被印刷物が浮いていませんか?
もしそうだとすると、スキージストロークの最中の「版離れ」がうまく行っていない状態にもなっています。これがインクが良く落ちない原因です。

次回の予定としては「版の為のポジフィルム作成材料」です。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

金・銀の基本

金は茶色が光っている色。銀は灰色が光っている色。ただこれだけなのに難しいことが沢山起きます。

 

今回のお話は水性バインダーであれ、プラスチゾルインクであれ、もっと言うと溶剤型のインクでも同じ原理です。

 

いつもだらだらと長ったらしいお話になるので(笑)、今日はまず要点を書きだします。

1.真鍮粉メッキの金・銀は錆びる
2.真鍮粉金・銀のインクを使う場合は版のメッシュに気を付けましょう
3.あなたの金・銀は本当に金?本当に金?

 

さて、1

水性バインダーの場合は、適当なバインダーに金粉・銀粉を混合して使いますが、これら金粉・銀粉の多くはメッキを施したもので、正体は真鍮粉です。ですので、経年で錆びます。防錆剤(ぼうせいざい)を入れるとだいぶよくなりますが、錆び0にはなりません。

対してプラスチゾルインクの場合。これも錆びます。
知識のない業者は「油性だから錆びない」などとぬかしたりしますが(笑)そういう業者に限って、届けられてすぐのインクの蓋を開けるとすでに錆びていたりします(笑)
離せば長くなりますから要点を言うと、プラスチゾルインクは油性ではないからです。水性でもないです。
鉄は水性ですか?油性ですか?
綿の布は水性ですか?油性ですか?
これと同じで(例え方は極端ですが)プラスチゾルインクも水性でも油性でもないです。ただ、多くの方が、プラスチゾルインクを使った版の洗浄に何らかの有機溶剤を使っていたりしますし、水道水だけでは洗えないから「油性」と言っちゃってるだけです。
錆びは水に触れる以外にも、というかそもそも錆びるっていうのは「酸化する」という事ですので、空気中の酸素分子と結合することで錆びますよね。

じゃぁ錆びない金・銀はないの?
という事で、アルミを使ったインクを使用しましょう。
間違ってはいけないのはアルミだって錆びるのですが、アルミは表面以上、内部深くまでは錆びないという違いがあります。

 

次に2.

これまたびっくりする話ですが、インクに入っている粉の粒径によってはメッシュを選ばなくてはいけないという事実を認識していない業者が世の中には存在するらしいという事です(笑)

一般にプラスチゾルインクの金・銀(シマーインクと言います)は#120では無理で#80メッシュ以下を使用しなければなりません。
※詳しくは粒径より大きいオープニングのスクリーンを使わなければならないので、#100でも可能な場合は有ります。

ちなみにグリッター・ラメになると#40です。

同じ理屈で考えると、水性バインダーの場合は混合する粉の粒径を知る事が先決です。

ちなみに弊社がお勧めする金粉は#350まで、銀粉は#300まで対応しています。アルミは#120です。

これって意外と大切なことで、これまで白・黒とかの一般色で刷っていた柄を、今度金・銀で刷らなくてはいけないという場合に、版を(メッシュを)作り直さなければならなくなるか、そのまま使えるかという事でもあります。

 

さて、3.

一番の冒頭に書いた通り、金・銀は茶色・灰色が光っている色です。

あなたがプリントした金・銀は光っていますか?

Tシャツやポロシャツなどの繊維製品にプリントする場合、それらの生地の表面が細かく凹凸しています。これが幸いして光が乱反射しますから、インクの表面に艶があれば概ね光るようになります。

が、水性バインダーでもプラスチゾルインクでも、主成分である樹脂が濁っていると、その分キラキラ感が落ちてしまいます。
これは金・銀などのシマーインクに限らずグリッター・ラメでも同様です。

また、粉という異物を加えられると樹脂は増粘します。なので、もともとのバインダーやベース・プラスチゾルはより粘度が低いものを選ぶべきです。

弊社で現在販売している最高の輝度を持つインクは

水性では

シルバーラバーバインダー(SRB) ですが、もうじき、もっと綺麗なシルバーインクを発表します。
なぜ金はないかというと、SRBに水性顔料の赤と黄色を混合すると出来上がってしまうからです。

 

でプラスチゾルインクでは

シャインゴールドとシャインシルバー です。本当は、もっと綺麗な金銀は可能ですが、そのうちお知らせいたします(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

 

 

に投稿

版の再生

FaceBooktwitter及び弊社ホームページでも告知させて頂いていますが、只今弊社ホームページを全面リニューアル中の為、WordPressで運用しているこのブログの表示が、これまでと変わってきています。
「みずらいじゃないかぁ」という方もいらっしゃるかと思いますが、しばらくの間辛抱して頂ければ幸いです。

「何故リニューアル?」と言いますと、創業から大凡9年の間、良く言えば「コツコツと」正直に言えば「思いつくまま」(笑)設計思想もあやふやなまま増設を繰り返してしまったため、なんともわかりずらい構成のHPになっておりまして(笑)
おまけに昨今、スマホやタブレットでアクセスしていらっしゃる方が多くなっているので、そこんとこにきちんと対応させねばならないのでした。

 

さて、シルクスクリーン印刷でリニューアルと言えば「版の再生」です。と、いつものように無理やりつなげます(笑)

ここでは感光乳剤を使用した写真製版での版の再生に絞ってお話します。

そもそもの基本は、一度使用した版はスクリーンメッシュごと破ってしまうのが原則です。が、プリント基板などなど精密なプリントを行っているのなら別ですが、露光して硬化した感光乳剤を綺麗さっぱり落とし、スクリーンメッシュは張ったまま再度利用したいものです。

こうした時に使う薬剤を弊社では「ジアゾ再生液」とか「剥離剤」という名称の製品をお勧めしています。

こういった製品のご相談で多いのが、やっぱり

「これまで使っている(他社製)のは落ちずらいんですが、何か良いもの(方法)はありませんか?」というものです。

再生に使う薬剤は、基本的にその感光乳剤を作っているメーカのものを使用するべきです。
感光乳剤を作っている当のメーカーが、一番その性質を良く知っている訳で、検証も繰り替えされている訳ですから。

「感光乳剤を作っているメーカー」と言ったのは、これが「販売店」ですと違います。当然のように「私共の製品は良く落ちます」と言います。ふたを開けたらどうだか解らないけど(笑)

私の前職で販売していた落版剤はしょっちゅうお客様から「おまえんとこのは落ちない!」って叱られました(笑)それでもそれ1種類しか販売していなかったので、ただ謝るだけ(笑)

あと、気を付けたいのが、使っている落版剤が「良く落ちる」と思っていたけど、実は版(露光済みの感光乳剤)も良く壊れるといった場合(笑)
これって、感光乳剤が脆いだけで落版剤が優秀な訳ではない(笑)

又、一度落版剤で緩めた感光乳剤は一気に落とし切るようにします。中途半端な状態から、再度硬化した感光乳剤は一生取れなくなります。

では、弊社では「ジアゾ再生液」と「剥離剤」のどちらがお勧めかと言いますと・・・・

きちんと言われたとおりにできる方は「剥離剤」で、すこし適当っぽい人は「ジアゾ再生液」(笑)

剥離剤は水(できれば溶かす際はお湯)2リットルに100g溶かすことができます。おそらくこれが最高濃度です。感光乳剤の耐油性・耐溶剤性のものにはこんなに濃くなくても良いので、10リットルに100gでも大抵大丈夫です。
ただし、耐水性感光乳剤にたいしては2~5リットルに100gでお願いします。

理由は、水に溶かした剥離剤は水性なので、「耐水性」感光乳剤には効きずらいからです。

これまた前職の時に時々お客様に言われたことがあるんですが「おまえんとこの、最近効きが悪くなってきてないか?」というもの。

良く調べてみたら、最初は2リットルに100g溶かしていたのに、いつの間にか4リットルに増えていました。そりゃぁ、濃度が薄くなれば効きずらくなるじゃん!って(笑)同じ値段だったら、水増ししたいのは解るけど(笑)

という訳で、すこし適当っぽい人は最初から水溶液になっている「ジアゾ再生液」を決して薄めずに使うべし(笑)

ジアゾ再生液 1リットル

 

剥離剤 100g

 

版の再生にはそのほか、ゴーストの除去だとか、目詰まり部分の解消だとかがありますが、それらについては又いつかの機会に。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

に投稿

いいとこどりのインク

最近売れ行きが特に良くなっているインクが「アクアゾル」インク
どんなインクかを要約すると「水性なのに乾燥が超遅いので、プリント中にほぼ目詰まりの恐れがない」という。

全国津々浦々から毎日のようにお悩みやご相談を受けていると、大雑把に言って(笑)
・今、水性インクを使っているのですが、プラスチゾルインクは目詰まりしないんですよね?
・今、プラスチゾルインクを使っているんですが、版の洗浄に有機溶剤を使用しているので匂いが・・・
と、水性、プラスチゾルいずれをご使用の方からもご相談が参ります。

上記に様なお悩みを解決する本筋の方法は、インクを変えるのではないのですね。だって、インクを変えても、もう一方のお悩みがまた始まるはずです(笑)

例えば水性を使っている方のお悩みは、版を見直す事。プラスチゾルインクを使っている方のお悩みは、版の洗浄方法を見直すことです。

版が詰まる原因は色々ありますが、
・作業が遅い(笑)
・インク返しをしていない
・スクリーンメッシュのテンションが足りない
・オフコンタクトを取っていない
などなど

一方、プラスチゾルインクで使用後の版の洗浄は、
そもそも、プラスチゾルインクは専用の薬剤で水性化してから水洗浄すべきもので、溶剤で溶かして拭き取るものではないという事です。

ただ、プラスチゾルインクのみを販売しておられる販売店さんは水性バインダーの欠点ばかり強調するし、逆も然りです。
あと、大きな勘違いをなされている方も多いと思うのですが、水性と言えば隠蔽性がなく、濃色生地のプリントには適さないと思われている方。
それは、アンカータイプというとても柔らかい樹脂を使用したバインダーの場合で、水性バインダーにも「ラバータイプ」のバインダーが在りますから、プラスチゾルインクと同様、濃色生地にもしっかりとプリントできます。というか、仕上がりの風合いは、隠蔽性もしっかりしている上に、柔軟性が柔らかで、私個人としては好みです。

さて、当初の本題に戻りますが、
水性バインダーとプラスチゾルインクの両方の長所を持った水性バインダーが「アクアゾル」インクです。

印刷・乾燥時にはプラスチゾルインクのように扱え、仕上がりはプラスチゾルインクよりも柔らかいので、一度使って頂いた方は病みつきの様です(笑)
ただし、
・刷っている途中でインク返しをせずに30分も、1時間もおしゃべりに興じると詰まります(笑)
・水性バインダーと違い、乾燥は熱をかけなければなりません。自然乾燥だと何日もかかります(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →