プリント&乾燥後のインク落としの注意点

今年も既に12月。良く言われる事ですが、年を取ると時間が経つのが早く感じられ(笑)今年も「もう」ひと月を切ってしまいました。
北海道もようやっと雪が降ってきて、一昨日、昨日は日中営業に出ると、パトカーや救急車の姿を度々見かけます。あっちこっちで滑ってぶつかっているんでしょうか・・そして今日も大雪です(涙)

北海道の場合、津軽海峡と言うワンクッションが有るため、物流に1日多くかかってしまいます。プリントに失敗してしまった場合、納期が差し迫っていると、この1日が大ピンチを招きます。メーカーからTシャツやポロシャツやなどを新たに取り寄せようとしても、1日多くかかるが故に納期に間に合わないかもしれない(悲)
そこで、プリントミスした部分、あるいは全部(笑)を綺麗さっぱり元通りに戻せないものかと悩む訳です。

そもそも、スクリーン印刷のインクは、一度完全に出来上がってしまったら「落とせない」というのが建前です(笑)
しかし、昔から「形あるものは壊れる」とか言うじゃないですか(笑)

普段からきちんとした仕事をしていると、こういった際に余計に悩まなくちゃいけなくなるんですが。そもそも、きちんと密着させてしまったんですから、容易に剥がせるわけがない。
逆に、普段から適当な仕事をしているつもりじゃないけれど(笑)適当な資材を掴まされているのに気が付いていないと、容易に剥がれちゃったりしますが(笑)

溶剤型のインクは、インクの成分である溶剤が被印刷物を溶かしながら、そこへインク樹脂分を充填して硬化します。ですから一度完全乾燥してしまうと元通りに剥がす事はできません。インク自体を除去する事はできても、破壊された部分は元通りにならないからです。
これに対して、純粋な繊維製品であれば元通りに除去・復元する事が可能です。「純粋な」と言ったのは、防水・撥水加工されているものなどは、この防・撥水成分まで除去してしまうので完全には復元できないという事です。

繊維製品に使用されるインクは何種類かありますが、それぞれに適した薬剤が有ります。あんまり深く考えずに(笑)除去する事だけを考えれば、相当数の候補が有るんですが、使う側の観点から言えば次のようなものでなくてはならないと思います。

  1. 安い(笑)
  2. 簡単に使える
  3. 危険じゃない

これって、1と3はトレードオフの関係で「安いと危険」「高いと安全」(笑)
なぜ3番だけ太字にしたのかと言いますと、経験上安全と思って使用しているというだけで、情報を発信しているかたがいらっしゃるからです。

大雑把に言えば、水でなければなにがしかの成分を含んでいる訳で「絶対安全なの?」と聞かれれば「そりゃぁ、マスクはした方が良いし、手袋もはめた方が良いに決まってます」とお答えします。
ただ「災害」が発生する可能性が有るものや、人体に著しい症状を表す可能性のあるものは当然お勧めできません。「それ使ってて、何が起きても知らないよ」と言える訳では無いので。

代表格だけ一つ説明します。

アセトン

聞いたことが有る方も多いと思いますが、アセトンはケトン類の一種で、主な性質を挙げると

  • 樹脂を破壊する
  • 種類の違う2種類の液体を混合する際の仲立ちをする

という性質が有ります。印刷インクだけでなく、頑張れば感光乳剤の除去、すなわち落版剤にもなり得ます。これって便利です。

しかし、次のような性質も併せ持っています。

  • 常温でも揮発性が高い
  • 引火点が低い

たったこれだけですが、実際にはどんな危険性が有るのでしょうか?というと

  • 近くに熱源があるところで使用すると発火(火災)の危険性がある。ちなみに静電気でも発火する場合がある。(粉末消火剤でなければ鎮火できません)
  • 蒸気になりやすいので目や呼吸器から人体に入り込むと様々な症状が現れる(めまい・頭痛・気管支炎)

ちなみにガラス瓶などに密閉して保管すると、容器内で膨張して破裂する恐れも有ります。

以上は、あるお客様から相談されたことを元に書きました。「ある方の勧めでアセトンでやってるんですけど」とおっしゃるので、上記の説明をしたうえで「おやめになったほうが無難だと思いますけど」と言いましたが、内心は「こんなことを勧めるなんてどこのどいつだ!」という思いでした。

前にも書いた覚えが有りますが、

某国性のフラッシュドライヤーを輸入したまま販売している先がありました。購入した方からご相談を受けてびっくりしたのですが、

「つないでいるコンセントから煙が出てきて危うく火事になりかけました。そこで購入先に連絡したら、電気製品は保証外ですの一言でした」

・・・・・

その機種は弊社も以前に検証してみた事のある機種でしたから、どこに不備があるのかを把握していました。正直「訴訟起こしたらどうですか?」とお話しましたが、そこまですることすらばからしいとの事でした。あ、先のアセトンの例とは別件ですが。

ヤフーオークションなどで「ジャンクですのでノークレーム・ノーリターンで」という出品が有りますが、それは中古品で購入先もそれを承知の上だと思います。私自身はそんなの大嫌いですが。

先の2例は、ほとんど法律問題にまで発展しかねませんからね。そういえば学生時代、法律を専攻していたあたくし(笑)学生時代から煙草を吸っておきながら(笑)もう時効だけど(笑)

 

水性バインダーのインク落としはこちら →

プラスチゾルインクのインク落としはこちら →

 

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

「繊維製品」以外、そして「水や空気」以外にも

「スクリーン印刷とはどのような印刷ですか?」と聞かれて、貴方はすぐに答える事が出来ますか?

正式な説明は置いておいたとして(笑)良く使われる表現は「水や空気以外に印刷できます」というのがあります。要するに、液体や気体には無理でも、固体であれば何とかして密着するインクで印刷ができるという表現であろうかと思われます(笑)(※正確には密着しずらい材質が有るので、誇大表現かも(笑))

主に繊維製品にプリントされているお客様から「変な相談して良いでしょうか?こんなものに印刷を頼まれたんですが、水性バインダー・プラスチゾルインクで印刷した所、しばらくして剥がれてしまいまして・・・」というご相談を、度々頂きます。

なにも「変なご相談」ではないですよ。そもそも、スタンスって繊維製品に限らず、スクリーン印刷の資材販売会社ですから(笑)

スクリーン印刷資材販売会社の本分、それは私の中では「すべてのスクリーン印刷に必要とされる資機材の提供、そしてそこに必要とされる知識の提供」です。

株式会社スタンスがインターネットを使って、あらゆる地域の方に製品を紹介しようとした際、あまりに種類が多すぎたのです。そこでまずは繊維製品へのスクリーン印刷分野に絞ったのがWeb-Stanceです。

年に何度か繊維製品以外への印刷を生業としている方からご相談を頂きますが、それは弊社のブログの内容から類推して「ひょっとして」という思いでご連絡下さるそうです。その方々のお言葉を借りると「どうりでスクリーン印刷の事に関して、相当詳しいと思いました」との事だそうで。

遜る訳では無いですが、スクリーン印刷の資機材販売をしている者として最低限の知識は持ち合わせているつもりではいます。でも、そんなに大した知識量ではありません。それこそ、毎日のように皆様が様々な疑問・質問を投げかけて下さったおかげで成長しているとは思います(笑)

「これこれの機械とインクを買って頂ければスクリーンプリントできますよ!え?繊維以外の物にもですか?当然できます!」

などと安直には言わない理由。それは、これまで何度もお話していますが、

「スクリーン印刷の基本を確実に理解する事」がなければ、決して繊維物とそれ以外の物への印刷は同じようにはできないからです。版の大切さをしつこいくらいお話するのはそのせいです。

 

「プラスチック・木・紙に印刷できるインクは○○です」などと謳っている業者様が多くおられます。大人の事情もあるのかもしれませんが(笑)
弊社が説明する場合、

「プラスチックには○○、木には××、紙には△△のインクが適しています」

もっと細かく言えば

「コピー用紙には△△、コート紙には▲▲」
「自然木には××、塗装木には何の塗装?なら✖✖」
「プラスチックって言っても、PVC・アクリル・ABSでそれぞれインクは違います」

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、全てを一つのインクで賄えると表現すると、一番接着しずらい素材に適するインクを勧めておけば無難と思われるかもしれません。しかし、そのようなインクは柔軟性に劣っている場合が多いので、紙などのように折り曲げる場合が多い時、インクが割れて剥がれるきっかけになりやすいのでお勧めできないです。
趣味で使う物に印刷するのならまだ良いかもしれませんが、製品・商品を作る場合であれば、そこは確実にした方が宜しいかと思います。

ご自身の作っているものがスクリーンプリントで作られているのは解っていても、意外に知らない所でスクリーンプリントは使われています。
この業界を知らない方に弊社の事業内容を説明する際に、やっぱり一番使うのは「プリントしたTシャツ着た事ありません?」ですが(笑)

車を運転する方なら必ず目にするあれ
銀行など金融機関でお昼休憩で閉じている窓口に立てているそれ
様々な電化製品に書かれているメーカー名
経理のお姉さまが使っている計算機のこれ

様々なものにスクリーン印刷は使われていますよね。

職業病なのか、私はしょっちゅう色々なものを指で撫でてみたり匂いを嗅いだり(笑)

Web-Stanceでは今後、このようなソルベントインクのご紹介も開始します。ですので、これまで以上になんでも聞いてやってください(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

「24時間メンバーサポート」開設します!

創業から10年まであと1年となりました。これもひとえにお客様のご支援の賜物です。誠にありがとうございます。

さて、この度、目標としていた10年より1年前倒しの形で、表題の「24時間メンバーサポート」を開始できる運びとなりました。

と、堅苦しい文体もここまでという事で、いつもの文体で書かせて頂きたいと思います。

 

Web-StanceはHPの冒頭にも明記していますが「シルクスクリーン印刷に関する全てのお悩み・ご相談」にお答えしています。これは、弊社から購入頂いた商品に限らず、他社製品についてもすべてと言う事でして、正直なんでもかんでもご相談が舞い込んできています(笑)だからと言って「もうやめてぇ~」などと思っている訳ではありません。
これまで何度か書かせて頂いている通り、皆様から頂くご相談の中には、私自身「なるほど、そんな悩みはどうやったら解決できるのかしら?」という物も少なくないのです。そして、それらを解決できた時には、又一つ弊社の売り物が増えて行く訳でして、お客様の現在の苦悩を思うと少し語弊が有りますが、逆にありがたい事でもあるのです。

そして、そのような事も含めて、ブログ(本ブログ及び旧ブログ)にて情報を発信させて頂いている訳ですが、そんな私にも一つ大きな悩みが有りました。

「どこまで書いちゃったらよいのでしょうか?」

という事です(笑)

まぁ、読んで頂いている方々からすると「全部書けよ、をい!」という事かもしれませんが(笑)

いつもお世話になっている複数のお客様から、このようなご要望を何度も頂きます。
「スタンス(さん)の営業時間外にはどこにも聞けない」
「(たか坊さんの)携帯に電話しても良いですか?」

私の携帯は発信専用です(笑)まじで。ちなみに、全てのお客様のお問い合わせは、一度弊社のフリーダイヤルにご連絡頂き、私の携帯から折り返しご連絡させて頂いています。そうでないと、私の携帯、鳴りっぱなしで困ってしまうので(笑)
簡潔にお話すると、困った事態になったのに弊社の時間外の時にどうにかしてくれないかな?という事です。でも、私だってプライベートが有りますから(笑)
幸いなことに(笑)ネットで検索すると、結構な確率で「店長たか坊のブログ」が上の方にヒットするようになってきました。うざい!と思われている方も多いかもしれませんが(笑)これが9年間の蓄積の力です(笑)

Web-Stanceは株式会社スタンスが運営するサイトで、株式会社ですので勿論商売をやってます(笑)このブログも、私が暇に任せて書いていたのは創業初期のころで、今はなけなしの時間を割いて(笑)社内や車内で書いています。iPadProのスマートキーボードは偉大です(笑)あ。自宅では書きません。専ら音楽聞いています(笑)ですから、相当突っ込んだ内容までは公表していないのです、実は。

という訳で、弊社の判断基準の中でこれまでと同様無料で配信するブログ記事と、それ以上の内容の記事を分けさせて頂く事にしました。

これと、お客様のサポートを融合させたものが24時間メンバーサポートです。

24時間サポートは、弊社のテクニカルサポートから必要な情報を検索して頂けるシステムが柱で、これを可能にするのが「SearchTicket」です。そして、そのデータ群を閲覧できるのが「BrowsingTicket」となります。

無料で配信している記事以外のものは、記事タイトルの先頭に「保護中」と記載されています。又、開こうとすると、パスワードを求められるようになっています。どうしても読みたくなったら(笑)下のチケットを購入して下さい。同じ年度に書いた「保護中」の記事すべてをお読み頂けます。

 サンプルですので実際にお届けするものにはパスワードが記載されています。ご購入はこちら →

しかし、弊社のブログの画面では、最近の記事は10件までしか表示されておらず、それ以前は全てアーカイブとして月ごとにまとめられています。「探しずらいぢゃん!」とか「今困ってて、急いでるのに!」とかいう場合が「searchTicket」の出番です。次のチケットを購入して下さい。このサイト(弊社ホームページではありません)すべてを横断検索できるページに入場できるようになります。このチケットは一生ものですから、年度が変わってもいつまでも同じパスワードで検索ができます。

 サンプルですので実際にお届けするものにはパスワードが記載されています。ご購入はこちら →

もし面倒ならセットも有ります(笑)

 サンプルですので実際にお届けするものにはパスワードが記載されています。ご購入はこちら →

ちなみに、パスワードで保護する記事は、とっても味気ない文体で書くことにしています。普段公開しているブログ記事のような感じで書こうとすると、これがなかなか結構な時間を使わなくちゃいけないものでして。ただ、これまでの蓄積や、これから頂くお電話・メールで頂くご質問・ご相談に対する回答を余すところなく書き続けますから、月日が経つ毎に膨大なデータベースになる事を予定しています。尚、当たり前ですが、個人の実名など個人情報は一切掲載しませんのでご安心下さい。

最後に、今までのブログは、これまで通り書き続けますから、ご愛読下されば幸いです。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

チケットのご購入方法、使い方

♦チケットの種類とご購入方法♦

 

  ご購入はこちら →

  • Search&BrowsingTicket では、当サポートサイトの記事すべて(投稿・固定いずれも)を横断的に検索可能になります(SearchPassの入力で検索窓の有るページ入場できます)。
  • 該当年度に作成された記事(上図では2018年作成の記事)については、一般公開していない記事(記事タイトル先頭に「保護中」と表示されている記事)も閲覧可能になります(BrowsingPassの入力が必要です)。
  • 過去の年度など、チケットと違う年度に作成された記事も検索結果には表示されますが、閲覧するには別途その年度の「BrowsingTicket」が必要となります。
  • 翌年以降もSearchPassは変わりません(ご購入はBrowsingTicketのみで結構です)。

  ご購入はこちら →

  • BrowsingTicketは、該当年度に作成された記事(上図では2018年作成の記事)について、一般公開していない記事(記事タイトル先頭に「保護中」と表示されている記事)も閲覧可能になります(BrowsingPassの入力が必要です)。
  • 過去の年度など、チケットと違う年度に作成された記事も検索結果には表示されますが、閲覧するには別途その年度の「BrowsingTicket」が必要となります。

  ご購入はこちら →

  • SearchTicket では、当サポートサイトの記事すべて(投稿・固定いずれも)を横断的に検索可能になります(SearchPassの入力で検索窓の有るページ入場できます)。
  • 右肩の年度表示は発行年度の表示ですので、使用期限は在りません(検索だけでしたらいつまででも同じパスワードで可能です)。
  • 閲覧が必要な粘土のBrowsingPassは別途ご購入下さい。