に投稿

ダイレクトプリントインクとミキシングプリントインク

前回の記事中で「弊社ではプラスチゾルインクにも11色を混ぜ合わせて作るインクをご紹介していますので、水性バインダーと同じ理屈でプリントインクを作る事が可能です。」とお話しました。という訳で、今回は表題の通り、ダイレクトプリントインクとミキシングプリントインクの違いについてです。

水性(バインダー)の場合、最終的なプリントインクは「バインダーに顔料を添加して出来上がります」とご説明すると「???」の様になられる方が多くいらっしゃいます。

なるほど、世の中に多く出回っているプラスチゾルインクも、はたまた市販の水性インクも、お手元に届いた時点でそのままプリントに使える状態になっています。水性で言うと「○○くん」のインクや「ダ○カラー」の様なインクはこれです。プラスチゾルインクもおおむねがこれです。
勿論これらのインクも、それぞれの適当な量を混ぜ合わせて新たな色を作る事は可能ですし、同じタイプのインクを混ぜる場合はメーカーも保証してくれます。
ただし、本来は、単独の色見本を掲示しておき「この中からプリントカラーを選んでください」とするのが前提のインクなので、どの色とどの色をどの割合で混合すると何の色になるかは誰にも解りません。混ぜる方が色々トライ&エラーして頂く他無いという訳です。

このようなインクを「ダイレクトプリントインク」と言います。このインクをそのまま「ダイレクト」に刷ってね。みたいな感じです(笑)

これに対して「十数種類のインクを混合して、あらゆる色が作れます」というインクを総称して「ミキシングインク」と呼んでいます。

弊社の製品でいうと水性バインダーは「オールマイティーバインダー(若しくはアクアゾルインク)+水性顔料(P)シリーズ12色」、プラスチゾルインクは「Excalibur Pantone  Matching System Color 551」です。

前者の場合は、水性バインダー3種類と水性顔料12色を適当な量で混合し、後者は11色のプラスチゾルインクを適当な量で混合する事で数百種類のプリントインクを作る事が可能です。

という事は、ユーザー様の様々なプリント色を割と楽に叶えられやすいのはミキシングインクではあります。そして、ダイレクトプリントインクも、そもそもはミキシングインクで作り上げているものです。

この2つのタイプのインクは優劣がある訳ではなく、どちらのインクが自分に適しているのかでお選び頂くのが正しい方法です。

大昔、私が小学生だった頃(笑)図画の授業の際に、デッサン(下絵)を書いている時に「○○くんはじょうずですねぇ~」と先生に褒められたのは良いのですが、絵の具で色を付けると、同じ先生に「あれ?○○くん、さっきの絵はやめちゃったの?」と。当の絵に色を付けたら滅茶苦茶になってしまったのですね(笑)
そんな苦い思い出を持っている私は、こんな商売をしているにも関わらず色に関してはトラウマを持っています(笑)
そんな私の様な人にも優しくできるよう(笑)弊社のミキシングインクには、それぞれ混合の割合表があります。

 

水性の場合はこちらをご覧ください

プラスチゾルインクの場合はこちら

 

最後に「混ぜたものは変化が始まる」というお話を一つ。
インクに架橋剤(水性の場合)やボンド(プラスチゾルインクの場合)を混合した際には、ある程度の速さで劣化・硬化の進行が進みます。では、インクそのものはどうでしょうか?

極端な話、水道水や純水であっても、真空パックではない限り空気に触れる事で劣化は始まりますよね?空気中の酸素・二酸化炭素・窒素のみならず、空中を浮遊しているものが混ざってしまうからです。
インクの場合、樹脂という物質にすでに顔料という異物が混合されているのですから、製造された時点で劣化が始まっています。
極論を言うと、樹脂そのものもじわじわと劣化は進行していますが、この使用期限はメーカーが保証してくれている訳です。

水性バインダーとプラスチゾルインクを比較すると(勿論密閉保管で)プラスチゾルインクの方が持ちは良いです。しかし、上記の通り、次第に劣化は徐々に進んでしまうので、必ず使用後のインクは密閉容器に戻して下さい。

プラスチゾルインクは塩ビを可塑剤で柔らかくしているものです。熱によって可塑剤を不在にすることで硬化するインクですから、熱をかけない限り絶対大丈夫です、と言う方がいます。
だからと言って、使い終わった版にそのままインクを放置してはいけません。明日又プリントを再開するならまだしもですが。

一度、新聞紙にプラスチゾルインクを放置して1時間後に見て下さい。あっという間にカラカラになっています。版はUV硬化型の感光剤や、テトロンのスクリーンメッシュですから同じ事にはなりません。でも、数日置いてみて下さい。
インクにはそれほど変化は見られないでしょうが、その版を「もう二度と同じ柄をプリントしないから」と思って落版(再生)しようとしたら後悔します(笑)

触れ合ったものはお互いがお互いに影響を及ぼすのですから。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

詰まらない水性バインダー

ここ最近は、お客様から頂いたご相談が多く、そこから「を!これはブログに書かねば」というネタが発生しているので、ジャンルがあちこちに飛んでいます。しばらくの間ご勘弁を願います。

で、今日のお題はハイブリッド・インク(笑)です。

繊維用、一般の綿100や綿ポリ混紡、ポリエステル100へのインクには、大雑把に言って「水性バインダー」と「プラスチゾルインク」が有ります。
これら2つのインクの短所・長所についてはこれまでも何度か書いてきております。

簡潔に言うと、水性バインダーの場合は「版が詰まる可能性がある」、そしてプラスチゾルインクの場合は「出来上がりの風合いがゴムゴムしている気がする」です。

そこで出来上がったのがハイブリッド・インク「アクアゾル・シリーズ」です。

勘違いして頂きたくないのは、水性バインダーにも「ラバータイプ」のバインダーが有るので、濃色生地にきちんと隠蔽性を保った印刷ができるという事です。そして、その上、プラスチゾルインクの印刷面と比較してしなやかだという事です。
「水性プリント」という言葉から「淡色生地(白)にしかプリントできない」と思い込んでいらっしゃる方はお気軽にご相談ください(笑)

そして、もう一つ勘違いして頂きたくないのは、弊社は水性・プラスチゾルインクのいずれかを強力にお勧めしている販売店ではないという事です。
繰り返しになりますが、それぞれのインクには良いところもあれば至らないところも有りますし、使われる方の環境によってもお勧めすべきインクは変わりますので。

さて「アクアゾル・シリーズ」は簡単に説明すると、熱硬化型水性バインダーです。

要は、プラスチゾルインクの「熱硬化型=決して版詰まりしない」という長所と、水性バインダーの「印刷後のプリント面のしなやかさ」の両方を実現したインクです。
ただ、熱硬化型ではありますが、熱硬化せずに自然硬化しようとすると何日も放置しておかないといけない「超超超遅乾インク」です(笑)
「こんなんじゃ仕事にならんぞ!」というインクです(笑)
ですから、スキージストロークの間にお客さんが来て、一緒に煙草を吸いながら1時間も版を放置すると・・・・詰まります(笑)
プラスチゾルインクを使用中で、そのような場面にたびたび出くわすような方は気を付けてください(笑)

これからプリントを始める方に「どちらのタイプのインクが良いでしょうか?」と私が問われた場合

【水性バインダーをお勧めするのは】
・依頼主の要望に合わせて様々な色を作り替える場面が多い方
・設備など初期投資にあまりお金をかけられない方

【プラスチゾルインクをお勧めするのは】
・店頭にカラーチャートを掲げ、プリント色を限定する方
・設備など初期投資にありあまる資金をお持ちの方(笑)

という基準をお話します。

水性バインダーは、ホビー用途でない限り水性バインダー=糊に、顔料=色を混合してから使用します。ですので、理論上はあらゆる色のプリントインクを作成する事が可能です。
これに対して、一般的なプラスチゾルインクは、既に糊+顔料の形で「○○ブルー」とか「××レッド」のようになっています。勿論、混合して使用する事に問題は無いのですが、どれとどれを混ぜればどの色になるという仕組みにはなっていません。
弊社ではプラスチゾルインクにも11色を混ぜ合わせて作るインクをご紹介していますので、水性バインダーと同じ理屈でプリントインクを作る事が可能です。

このブログで何度も書いている通り、シルクスクリーン印刷の特徴・原則であるインク返しを行えば、あくまで副次的な効果ですが版の乾きを抑える事が可能です。あくまで「副次的」ですから、乾燥が超超超遅い「アクアゾル」を使って頂いた場合でも、インク返しをして頂くのは基本です。

ただ、これまでプラスチゾルインクの作法に慣れてしまっている体で(笑)いきなり水性バインダーでインクを返そうというのも少し大変かもしれません(笑)
ただ、水性プリントのしなやかさが欲しいという、少し我儘な貴方(笑)

一度アクアゾルインクをお試し頂くのも面白いかもしれません。

 

はい、ここからは余談です(笑)

先にも述べましたが、弊社では水性バインダー・プラスチゾルインク、どちらのインクも良いものだと思っています。それは適材適所だからです。

ただし、現状で弊社にお悩みのご相談が多いのは次の2点です。

1.「まだ上手ではなく、すぐ版を詰まらせてしまうので、詰まる事がないプラスチゾルインクってどうなんでしょうか?」
2.「プラスチゾルインクを使っているのですが、色々上手く行かなく、買った所に相談しても解決しいないので水性にしようかと・・・」

1の場合、詰まらないようにする方法をアドバイスします。多くの方は版のテンションに理解が進んでいなかったり、先に述べたインク返しをご存じなかったり。はたまた、版を被印刷物にベタ置きしていたりする方が多いからです。
偉そうに言う訳ではないですが、解決策を探す前に他のインクに逃げても結果はそれほど芳しいものではないと思います。

さて、2の場合。
「そもそも、その(プラスチゾルインクを)勧めた(販売した)所に解決して貰いましょう!」と言います(笑)
だって、売る時には良い事ばかり言ったんでしょうから、解決策をきちんと提示してくれると思いますし、できなきゃ売るな!と思います(笑)
でも、私はそんなに意地悪でもないですし(自分で言うなよをい)、弊社の売りは「他社製品についてのお悩みでもご相談下さい」なので(笑)できうる限りお答えしています。

初めてご相談を頂いて、それから何度か回を重ねると次のようにおっしゃる方が多いのです。

「いやぁ、まだまだ(シルクスクリーン印刷を)初めて間もないもんで、いろいろ問題が起きて(買った所に)相談しても解決できないと『そんなもんなんだぁ・・・』と思いまして・・・」

そりゃそうです。色々購入した時も、相談相手をやっとこ見つけて「さぁ!やるぞ」と思ったはずです。その相談相手に「そんなもんですよ」みたいな事を言われれば納得せざるを得ない気がします。
でも、「なんか変だなぁ」と思ったら、思い切って全く別のものを使ってみるのも手ですよ。

なんか最近彼女とうまく行ってなくて、アクセサリーをプレゼントしてみたが・・・でも花をプレゼントしたら上手くいくようになった・・・とか。違うか(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

凹凸に綺麗にプリント

まずは写真をご覧ください。

 

 

とあるお客様からご相談を頂いた際のプリント画像です(お客様の許可を頂いて、部分的に掲載しています)。

ご覧頂ける通り、凹凸のある生地に白インク(この場合はプラスチゾルインク)でプリントしています。

凹の部分に印刷の滲みが見られます。同じようなご相談は違うお客様からたびたび頂きます。

こういった現象はなぜ起きるのでしょうか?

考えられる原因は

  • 版のテンションが足りない
  • 版と生地(被印刷物)との隙間(=オフコンタクト)が足りない
  • スキージの硬度が足りない
  • スキージストロークの圧が高い
  • インクの粘度が緩すぎる

などなど。

これらは上から順に重要項目となっています。このお客様の場合、4番目のスキージ圧が高すぎたとの事で、ここを改善すると良くなりました。

「綿のTシャツはうまく刷れるんだけど、(鹿の子織りの)ポロシャツがうまくプリントできません」

という方は、概して同じお悩みだと思います。

 

上に列記した中で下2つはテクニックの部分を改善しなければなりませんが、上3つは物理的な部分を改善すれば事足りる事になります。

緩いテンションの版を使っていたり、生地の上に版をベタ置きしていたりする方は一度お試しになってみて下さい。

 

弊社では期間限定で「新枠に正しい紗張り」を提供しています。こちらで一度お試し頂くのが解り良いと思います。

 

蛇足ですが「このプリンターが有れば!」とか「このインクで!」とかいう主に動画でのご案内に、鹿の子織りのポロシャツをプリントしているのは有ったためしは有りません(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

何事もアタック角度

前回の記事でご紹介しましたが、この行動についてご意見を頂きました。ごく近い方から「どうしてHPに残しちゃうの?みんなタダで見て(スタンスは)儲からないんぢゃないの?(笑)」って(笑)

このご意見に対してあたくし、こう答えました。
「いいの。スタンスは正義の味方だから無償の愛って奴です(笑)」

これは本当に冗談交じりで言ったのですが(笑)スタンスが儲かるも何も、シルクスクリーン印刷の基本原理をお話しているだけなので、これを見られて、生じている問題が解決したなら、それでいいぢゃんって気持ちです。

逆に、ずばり申し上げますと、こういう事もきちんと理解できずに、物だけ販売しようとしている業者様をプロの資材屋とは思っていません(笑)

 

スタンスを創業して間もなく、近隣のお客様・社長からこう言われたのを覚えています。

「(たか坊が以前勤めていた資材屋を含めて、今の資材屋に)何を聞いても知識がないから、何も聞かなかった。注文したものを持って来るだけだったでしょ」(笑)

そして、しばらく経ったある時。
いつも素晴らしい仕事をなさる別の社長がいらっしゃって、これまでは時々「社長、教えてくださいよぉ~」と解らないことを教えてもらおうと何度お願いしても糠に釘だった。ところが、ある日突然「しょうがねぇなぁ(笑)まぁ、最近は一生懸命頑張ってるから教えてやるよ」と。
嬉しかったですよ、ほんとに。

9月で創業まる9年になりますが、創業当時には思ってもいませんでしたが、最近は色々なメーカー様から「うちの商品を販売してください」と言って貰えるようにもなりました。
ありがたい事です。ありがたい事なのですが、お断りする回数もそれなりにあります。

弊社は、安いだけで、結局お使いになる方に問題が起きるという商品は絶対販売しないと決めているからです。

 

突然ですが、さて、スキージには何故いくつもの種類があるのでしょう?

時折見かけるのは

「油性は9mm厚さで水性は6mmです。」とか

「硬さは70度が通常です」とかいうの(笑)

 

「インクが落ちる量は、インクの粘度に対して、スキージストロークの速度、アタック角度を調整する事で変化する」からです。

半径20φのベタ丸と、半径5φのベタ丸を、意識して同じ印圧でそれぞれ250mmのスキージ、100mmのスキージ(硬度・厚さは同じ)でプリントしてみて下さい。よく見てみると、大概の場合5φの柄の方が濃くプリントできるはずです。逆に言うと、20φの方が薄くなります。
何故かというと、印圧は同じでもアタック角度が変わっているからです。もしもこうならない場合は、印圧が強すぎて、若しくはオフコンタクトが少なくて、一度乗ったインクを掻き取ってしまっている場合です。
同じ力で刷っても、1cmあたりにかかる力が100mmの方が大きいので、スキージのゴムが大きくしなり(寝て)インクが多く落ちるからです。

という事は、大きなスキージを使う程、柔らかめのスキージを使うべきだという事が解ります(印刷が薄いままで良いなら構いませんが(笑))。

厚さが9mmと6mmの関係も、同じ硬度であれば厚みがある分9mmの方がしなりずらいのが解ると思います。

「初心者なんですが、スキージはどれを選べばよいですか?」という場合弊社ではまず

「あたくし、お宅さんがとってもすごい怪力の持ち主か、ひ弱な方か存じ上げないので(笑)まずはプラスチゾルなら9mm70度を、水性バインダーをお使いでしたら6mm70度をお試しになって、そこから調整すると良いと思いますよ」と申し上げています。

「結局同じじゃん!」と思わないで下さいね。弊社には様々な硬度スキージブレードをご用意していますから(笑)

 

「印刷が滲む」=インクが落ちすぎている場合 は硬度を高くする
「印刷が掠れ気味」=インクの落ちる量が足りない場合 は硬度を低くする

となりますが、滲み・掠れの原因は他にもありますので、上記で解決しない場合は、オフコンタクトを調整したり版のテンションを疑ってみたりしなくてはなりません。

又、印刷の濃度が足りない場合に「もっと濃いインクがないか?」を探す前に、スキージの硬度の変更で変わる場合もあります。
仮乾燥を行わないプリント面に、何度インクを乗せてもプリント濃度はほぼ変わりませんから、一度のストロークで多くのインクを落とさなければなりません。

あと、余談ですが、スキージの優劣はエッジ(版と接する部分)がきちんとシャープになっているかに加えて、耐久性だと思います。
使い終わったスキージを水道水で掃除するにしろ、溶剤で拭くにしろ、スキージブレード(ゴム)は年々劣化します。放置していても劣化しますから、劣化の遅い良質なゴムを使用した方が、結果お得になります。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →