に投稿

製版と落版の関係性

8月9日で投稿した「露光の問題はいずこ」では、版を作る際のポジフィルムについて書きましたが、今日は感光剤自体についてのお話です。

皆様から頂くご相談の大筋は「上手く焼けないんですが、どうしたら良いのでしょうか?」という物ですが、「上手く焼けない」っていう部分が「どのように」焼けないのかが問題です(笑)版を作るときに使用する材料で上手く焼けない原因に絡む事柄には

  • 版枠(スクリーンメッシュの番手や張り具合(テンション))
  • 感光剤の種類・性質
  • 露光機の光源
  • ポジフィルムの状態

などなど、色々あります。

これらのいずれかが条件を満たしていない場合であれば話は早いのですが、複数が複雑に絡み合っている場合は少し話は長くなります(笑)

最後に挙げた「ポジフィルム」については9日の投稿に書きました。感光剤を感光させる部分させない部分をはっきり分けなければならない、という事でしたが、それ以外(前の3つ)は感光剤自体の状態を言います。

「感光剤」という名の通り、UVが照射されると感光・硬化してしまう材料は、その膜厚や露光帯域、照射されるUV光の総量によって変化します。

1例を挙げると、緩く張ったスクリーンと強く張ったスクリーンでは一般に緩く張ったスクリーンの方が膜厚が厚くなりますから、必要とするUV光は多くなります。
同じテンションの版に感光剤をゆっくり塗布した場合とスピードを速めて塗布した場合では、ゆっくり塗布した方が膜厚は厚くなりますし、塗布するためのバケットの先端が丸まっているほど塗布される量が多くなります。

「すべて変わっていないのに、版が壊れやすくなってきた。感光剤が古いんじゃないの?」と思ったら、光源が劣化してきていて、UV光量が足りなくなっているという事も有る訳です。お部屋の蛍光灯もずーっと使っている内に段々と薄暗くなってきますよね?

さて、これらの事を理解して頂いた上で、うまく焼けない原因が見つからないとなれば、今度は感光剤の種類の問題です。

一般的に感光剤は「水性用」「油性用(若しくは溶剤型)」「両用」などと分類されていたり、また「ジアゾ系」「SBQ系」などと分類されていたりします。

「ジアゾ系」「SBQ系」の分類は、その素材による「1液」「2液」の違いであり、概してSBQ系の方が高性能で高価です。

さて、弊社でも一般的に解りやすいように前者の「水性・油性・両用」の区分で分けていますが、これはあくまで解りやすいようにという事で分けてあります。

色の白と黒、そしてその間に灰色がありますが、灰色にも色々な濃度が有りますよね。本当はもっと複雑な話なのですが、簡易的に説明すると、感光剤の水性・油性そして両用がこの図式に似ています。

一般に壊れずらいのが水性、壊れやすいのが油性です。逆に解像性が低いのが水性、解像性を高くできるのが油性です。

「水性バインダーに適した感光剤を教えてください」と言われると、躊躇なく「耐水性」をお勧めします。
理由は、繊維に刷る場合、耐油性でしか実現できない解像性を必要とする場面はほとんど無いからです。そして、耐水性版で油性インクを使用したとしてもそれほど簡単に壊れないからです。

「溶剤型インク(プラスチゾルインクではありません)に適した感光剤を教えてください」と言われると、躊躇なく「耐油性」をお勧めします。
理由はおわかりの通り高メッシュを使用する事の多い溶剤型インクの場合、解像性を求めるには耐水性では無理だからです。ただし、耐油性版上で水性インクを使用すると版は壊れてしまいます。条件にもよりますが、水性系で刷数50程度(100~150ストローク)でしょう。

さぁ、両用はどうでしょう?本来の両用乳剤は「ある程度解像性を求めながら、こわれづらい」乳剤を指します。

このように、感光剤は大まかな特性で分類して作られてはいますが、作ろうと思えばもっと細分化して作る事も可能です。
極端な話、短時間で焼ける乳剤って言うのは簡単に作る事はできます。が、しかし、そのような乳剤は刷数が少ない場合が殆ど(すぐに壊れ始める)ですので、スクリーン印刷には向かない乳剤でしょう。

さぁ本題です(笑)これが数行(笑)

「水性乳剤を使っているんですが、落版しづらくてこまっているんです」というお悩みは、これまでの説明で解って頂けるかと思うのですが。時折「印刷中は壊れづらくて、落版は簡単な感光剤ってありませんか?」っていうご相談を受けますが、まず無理です(笑)

通常30~40刷りしかしないのでというのであれば、前記の通り耐油性をお試しくださいとなりますが、それ以外の場合は良い落版剤や道具を探す事が先決です。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

熱圧着ラバーシートの剥離剤

突然ですが、決算棚卸の為8月30日(水)を休業とさせて頂きます。Web-Shopでのご注文は通常通りお受けできますが出荷業務は行えません。ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

さて、本日は日増しに多くなっているリムーバーMW及びリムーバーMW-SPへのお問い合わせ・ご質問にかんするお話です。

リムーバーMW及びリムーバーMW-SPは「感熱接着剤を使用したシートを再剥離する液体」です。
この製品を弊社HPToutubeの動画を見てお問い合わせを頂く中、多いものを大まかに挙げさせて頂くと次のようなものが有ります。

  • ユニフォームの背番号を剥がす事が出来ますか?
  • 他社の同様な商品では糊の跡が残ってしまうのですが御社の製品ではどうですか?

問題は、今剥がそうとしているシート(?)が「本当に」感熱接着剤を使用した材料かどうか。そして、その種類はMWで剥がす事が出来るものか、-SPで剥がす事ができるものなのか、いずれなのかという事です。

ここに二つの事例を挙げます。

【1】熱圧着した際に、一部きちんとつかなかったため、遅れて(冷えてから)指で押し付けたらくっついてしまった。

【2】同じ販売店から購入した同じ型番のシートが、以前はリムーバーMWで剥がれたのに、いつからかリムーバーMWでは剥がれずに、リムーバーMW-SPで剥がれるようになった。

【1】についてはあまりにもびっくりです(笑)それって、そもそも感圧接着剤を使用したものなんじゃないですか?(笑)って気がします。
あくまで推測の域をでませんが、感圧接着剤も高温を書ければ融解し、冷えると再度凝固します。凝固する時点で、接触している部分の繊維に絡みつけば、表面上は感熱接着剤と同じ動作をします。表面の基材がその温度に耐える事ができるのならばですが。

弊社には毎日何十通というPRのメールが届きます。某アジアの国から(笑)「うちの(熱圧着シート)を販売してくれないか?」という物です。
今現在、これらのメールは全て自動で迷惑メールBOX行きとしています。某国が作るシルクスクリーン印刷の機材をみても解る通り、外見はそれらしく作られていますが、長期的な使用に耐えられるものではありません。

「見よう見まねで作ってみました。うちのはずっと安いでしょ」みたいな(笑)

スフィンクスやドラえもんの様です(笑)

【1】のものが某国製だと断言する訳ではありませんが「熱でくっつくからいんじゃない」みたいな感覚で作られた製品ではないかと思えてしょうが有りません。

 

【2】については少し微妙です。製品としては、後に剥がす事を想定していません(していないと思います)し、圧着の諸条件が変わらずに作業できているのであれば、製品としては問題ないのだと思います。圧着剤の材質が改良されたという場合だって有ります。
SDS(製品安全データシート)という、簡単に説明すると、製品中に有害物質や危険物質が含まれていないかどうかを表示する資料が有りますが、これらにも「上記に該当しない物質」を列記する義務は在りません。同じ製品の一部が改変されても有害性や危険性がない限り表示する義務は無い訳です。

 

さぁ、少し寄り道が過ぎましたが、話を元に戻しましょう。

まず「ユニフォームの背番号を剥がす事が出来ますか?」
一般的に、ユニフォームの背番号の様に1チームに同じ番号の重複しない場合は、シルクスクリーンプリントではなく、熱圧着ラバーシートを使用します。そして、これまで述べてきた様に「感熱接着剤」を使用したシートなのであれば、リムーバーMW若しくはMW-SPで剥がす事ができます。

次に「他社の同様な商品では糊の跡が残ってしまうのですが御社の製品ではどうですか?」
塗り方に少しコツが必要ですが、慣れれば大丈夫です(笑)というか、もしも糊跡が一度残っても、最終的にはきちんと綺麗に剥がす事ができます。

ただ

リムーバーMWで剥がす事ができるものなのか、リムーバーMW-SPで剥がす事が出来るものなのか。これは誰にも分かりません。
シートをご自身で圧着したにしろ、業者に頼んで張って貰ったものにしろ、確信をもってどちらの感熱接着剤を使っているかを断言できる場合であれば良いのですが。

ですので、一度小さい缶で2種類お試し頂くのが最善のの方法としてご紹介しています。

 

最後になりますが、以下のものにはリムーバーMW及びリムーバーMW-SPはお勧めしていません。何故なら、結果的に綺麗に剥がす事ができても、剥がした後の状態がご希望に沿う形ではないと思えるからです。

  • 白生地(準ずる淡い色の生地)に鏡像で転写されているもの(ラバー圧着ではない)
  • ポリエステル100%の生地に圧着されているもの

前者は感熱接着剤に直接顔料が乗っていますから、リムーバーで感熱接着剤は除去できますが、顔料まで除去する事はできません。
また、後者は、シート自体は除去する事はできます。が、ポリエステル生地自体の染料が、熱圧着時に既に再昇華している恐れがあるために、シートを除去した部分だけが変色している(染料が離脱して白っぽくなっている)恐れが大きいのです。シートを除去後、再度その部分より大きいシートを張り付けるなどする以外ではお勧めできません。

またまた最後ではありますが

  • 転写ではあるが、感熱接着剤を使用していない「昇華転写」方式のもの

は、まったく方式が違う転写んおため、リムーバーMW及びMW-SPは無力とお考え下さい。

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

に投稿

露光の問題はいずこ

明日11日(金)から16日(水)まで、株式会社スタンスは夏休みを頂く予定です。
勿論Web-Shopは365日24時間営業していますので、その間もご利用頂けますので何卒宜しくお願い致します。

ただ、夏休み明け、在庫のあるものは順次、在庫の無いものも入荷次第発送させて頂きますが、多分想像だにしない混雑が予想されますので、急な発送のご要望にお応えできない場面が発生するやもしれません。
誠に申し訳ございませんがご了承くださいますようお願い致します。

という訳で、夏休みあけに提供できたらいいなというプランをじっくり考える事ができる訳です。しかし、そうそう面白い企画は思いつけない訳でありますが(笑)
今回も人知れず「アルミ枠+紗張り」企画第二弾を開催していますが、夏休みの間に十分お悩み頂いてご予約下さい(笑)
ご予約期間が終了してから一気に製作するので、品切れという事はありませんからね。

シルクスクリーンプリントに関するお悩みは、インク単体の選び方の問題という場合も多々ありますが、最終的には版の問題である事がほんっとーに多いのです。

スクリーン版のテンションについては書き飽きたので(笑)
ポジフィルムは何をお使いでしょうか?

と言うのも、直接法感光乳剤を使用した写真製版法の場合、大切なのはUV光量・ポジフィルムのコントラスト・感光材料のラティチュードの幅だからです。

使う感光剤にもよりますが、大きな柄はきちんとできあがるのに、細かい柄になると途端に、抜けなくなったり、壊れやすくなったりする場合が有ります。
そして、いくら感光剤を見直して(色々な製品に買い替えて)みても、UV光量を増減させてみてもなかなかうまく行かない・・・・

よくよく伺ってみると、ポジフィルムの材料にコピー用紙を使っていたり、トレーシングペーパーを使っていたり、はたまた市販のOHPフィルムを2枚重ねていたり。
コピー用紙や、トレーシングペーパーを使用した場合の原因は、黒く印刷された部分と印刷されていない部分を、感光剤が「しっかり」別物と認識できないからです。印刷されていない部分も、UV光がわずかにでも通りずらい為、黒で印刷されているものと誤認識するためです。
OHPフィルムの場合、印刷インクのすべてが均一の濃度になっていないためです。「2枚重ねれば大丈夫」と言うのは、ベタが大きい場合に通用する。逆に言うと、常に2枚重ねたほうが良い程度の濃度しかないという事ですね。細かい画像のフィルムを2枚重ねると、ほんのほんのわずかなズレが悲劇を生みます(笑)

結局、シルクスクリーン印刷専用のこれをお使い頂いた方が早くて安かったりします(笑)

 

最後に(笑)

「出来上がったポジを蛍光灯に透かしてみて下さい。ほぼ透けていないなら大丈夫です」などと言う迷信は信じない方がお得です(笑)

感光材料を硬化させるのはあくまでUV光です。ウルトラバイオレット=紫外線です。目に見えるはずが有りません(笑)
可視光線が透けなければ不可視光線(紫外線)が透けないのかと言えば(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →

 

に投稿

STANCEのお客様

ふと気づいてみれば、8月が終わると我STANCEも満9歳。9月からは10年目を迎えます。
10周年ではないところがミソですが(笑)

それもこれも、STANCEをご利用頂いている皆様のおかげです。誠にありがとうございます。

というような事を考えてるうちに、またもやフト思い付きが(笑)

我が社には毎日、フリーダイヤル・メールなどで結構な数のご相談やお問い合わせを頂いています。その中には、シルクスクリーン印刷を生業としている方や企業様は勿論、個人的にホビーで楽しまれている方や、美術関連に携わっている学校様などなど、もう様々です。
ブログでは一般論的な事しか書けませんが、直に色々お話しているうちに「もしやひょっとして、こんな感じでプリントしてます?・・・原因はそこですよぅ・・・」みたいな場合も多いのです。
そんなこんなで、問題解決の糸口を見つける事ができ、お客様に喜んで頂けた時は、我が社もとても嬉しいものが有ります。

という訳で、突然ですがスタンスのお客様をご紹介するページを開設しました。

弊社ホームページのトップページ上段に下のバナーが有りますのでクリックしてみて下さい。

まだ、ほとんど増えていませんが(笑)

企業のHPの多くには「仕入れ先」や「販売先」などを表示したページが有ります。
弊社も以前から、そのようなページを作ろうかなと思いながらも、「それってなんの意味があるの?」などと微妙に思っていまして(笑)

そこに掲載させて頂いた方々の何らかの役に立つのであれば、と思いつつ先延ばしに(笑)

そこで、つい先日から、弊社のショッピングカートで商品をご購入いただいた場合、ご購入の手続きを進んでいった「清算」の画面でアンケートにお答えいただく部分が有ります(勿論強制ではありません)。

 

(イ)社名のみ希望する
(ロ)社名にホームページをリンクする
(ハ)バナーを掲載しホームページにリンクする(有料化の予定が有ります)

これらのいずれかにチェックを入れて頂くと、数日後にメールをお届けした後に掲載させて頂きます。

とりあえず、アルファベット順・50音順・都道府県別で見て頂く事が出来ます。

スタンスは、創業当時からネットを活用してきているので、ホームページをお持ちの方のお役に立てればという観点からこのように致しました。ですので、「社名のみでなく、電話番号や住所も掲載してくんないかな」とご希望されても、そこは無理です(笑)

 

スタンスのホームページ →

ショッピング(Web-Stance)はこちら →

以前の記事( ameblo )はこちら →