これまで何度かお話ししてきている事ではありますが、いつもばらばらに書いているので纏めておきたいと思います。

頻繁に頂くご質問・ご相談ですが

「濃いインクをください」

「いくら重ねても下地が透けるんです」

という件。

 

1.インク自体の隠蔽性が足りない

2.スクリーンのテンションが足りない

3.被印刷物(シャツなど)の仮固定がきちんとしていない

4.版の感光剤の膜厚が足りない

5.スキージが硬すぎる

6.スキージストロークに問題がある

7.重ねる際に中間乾燥していない

8.実はブリード(再昇華)していた

 

ざっと書き出してもこれくらいあります(笑)

この中で、インク自体に問題をはらんでいるのは「1」だけです。

「濃いインクをください」という問い合わせを頂いた際に「このインクは濃いですよ」という販売店がいかに不親切か(笑)はたまた知識不足か(笑)

 

これら8つの詳細を一気に書くと笑える位の長さになるので、次回から分割払いで書いていきたいと思います。

 

 

スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

 

過去の記事(ameblo)はこちら

 

 

 

Follow me!