本文へジャンプ


]
製品情報


NewmanRollerFrame(ニューマン・ローラーフレーム)  





既存のアルミ枠にNewManRollerFrameで紗張りしたい場合はこちら → 
 NewmanRollerFrameラインナップ

  • MZX-UL(3 rollers with 18" square bar)
    1辺のみ固定方形枠・他3辺はローラータイプ
    1.23" x 26" OD (58.42 x 66.04cm)  
    2.23" x 28" OD (58.42 x 71.12cm) / 17,280円
  • M3-UL(All Rollers)
    4辺全てローラータイプ
    3.23" x 31" OD (58.42 x 78.74cm)  
    4.23" x 33" OD (58.42 x 83.82cm)  

※その他、特注サイズも承ります

※ご注意下さい※

NewmanRollerFrame は5/8インチサイズのラチェットレンチと幅広・33mm以上の(モンキー)スパナで作業します。
メガネレンチでは構造上作業はできません。


 

純正NewmanRollerFrameでなくてはならない3つのポイント
この形のロッキングストリップがスクリーンメッシュ・サーマルフィルムをがっちりホールドして滑らない 豊富なオプション  レンチで強く締めても歪まないので、高テンションが実現できる 豊富なオプション
CORNER SOFTENING TOOL

ALIGNMENT CLIPS

CLAMP ADAPTERS
・ Newmanローラーフレームは、特殊構造の4辺若しくは3辺フレームにスクリーンを挟み込み「捻る」事で、適正なテンション構造を生み出します。

・ Newmanローラーフレームは高い剛性を保っています。各辺のフレームは勿論、高テンションの為、締め付け部分が歪んだりする事はありません。

・ Newmanローラーフレームのストリップバー(メッシュを挟み込む部分)は一般のテトロンメッシュに加え、サーマルフィルムも滑らず保持可能です。

・ Newmanローラーフレームと「紗張り用オプション(別売)」を追加すると、既存のアルミフレームに「理想の紗張り」が可能となります。



下図左が、従来の紗張り工程で生み出されるテンション構造で、四隅にテンションが偏っています。逆に、中央部分はテンションが低くなってしまいます。

下図右がNewmanローラーフレームが作り出すテンション構造です。
印刷柄が集中するフレームの中央部分にテンションが集まっています。
 
より正確なシルクスクリーンプリントの実現に、ぜひNewmanローラーフレームの導入をご検討下さい。


NewManローラーフレームは専用ラチェットレンチが必要となります
NewManローラーフレーム専用スクリーン以外のスクリーンメッシュ・サーマルフィルムの対応状況についてはお問い合わせ下さい(弊社取り扱いスクリーンメッシュは対応確認済みです)。



eメール FAX