本文へジャンプ


製品情報



P.S.Liqid(ピーエスリキッド)
 

/



・低いテンション版をお使いの方へ

・水性バインダーの目詰まりでお悩みの方へ

・プラスチゾルインクが硬くてプリントしづらいという方へ


 90g 1,234円 / 1Kg 6,199円
 P.S.Liqidのご購入はこちらから →
 P.S.Liqid(ピーエスリキッド)の効果


  • 刷版からのインクの透過性を向上させます
  • 刷版の版離れを改善します


 P.Sリキッドを刷版の印刷面(被印刷物と接触する面)に塗布すると、上記の改善が施されます。
 P.Sリキッドはリキッドは、水性バインダーのみならずプラスチゾルインクでも使用できる水系エマルジョンです。
インクの透過性が向上すると...


 スクリーンプリントは本来、適正なスクリーンメッシュのテンション(引っ張り強度)、適正な印圧・スピード、適正なスキージブレードの選択によって、インクの透過性を向上する事が可能です。

 しかし、何らかの理由で上記要素を完全に満たす事が出来ない場合に「インクの不完全透過」が生じ、

 「水性バインダーの場合は早い版詰まり」
 「硬いプラスチゾルインクが上手く落とせない」

という状況が発生します。

 P.S.Liqidはインクの透過性能を上げますので、このような状況を回避できます。
 
 インクの透過性が向上する事によって、刷版のゴースト発生の頻度を少なくします。
 



 版離れが改善すると...


 特にベタの面積が大きい印刷を行う際に、スクリーンのテンションが低いと、スキージング終了時に版を被印刷物から上げる際に、版が接着したかのような状況になります。このような場合は、特に画像中央部のインクの乗りが悪くなる傾向があります。
 P.S.Liqidが版離れを改善させると、スキージの通過と同時に版離れするようになりますので、プリントクオリティーを改善する事が可能です。 
 その他にも...


  • 多色刷りの際に、既にプリントされたインクが、以降の版に転移しづらくします
  • スキージ面に塗布すると、使用後の刷版の洗浄が楽に行えます
 
P.S.Liqidのご使用方法


  • P.S.Liqidを容器から、広口の器などに移して下さい。
  • P.S.Liqidは撥水性が有りますので、ウエスなどではなかなか塗る事が難しい場合、ペンキ用の刷毛など含ませて下さい。
  • 版のスキージ面の感光乳剤に刷毛等で直接塗布します。
  • インクの孔を表面張力でP.S.Liqidが薄くふさいでいる恐れがあるので、枠の端のスクリーンを指で「トントン」と軽く叩いて下さい(薄膜が弾き飛びます)。
  • 自然乾燥若しくは温風で乾かして下さい。乾いたらプリント可能です。
  • プリントを繰り返す内にP.S.Liqidの効果が薄れてきたら、同じように塗布して下さい。