プラスチゾルインクの乾燥は温度?時間?

前回の記事を書いてから2ヶ月弱。。

決して仕事をさぼっている訳ではございません(笑)

 

お題は「プラスチゾルインク~」ですが、以下のことは、熱乾燥を必要とするインク全般に言えることです。

  • インクの乾燥温度、乾燥時間はメーカー推奨の設定を守る
  • 乾燥機材のメーター表示そのもので考えて良しとはしない
  • 湿度も考慮に入れる
  • インク色も考慮に入れる

考えればもっと出てきそうですが、切りがないので(笑)

よく頂くご質問に「〇〇プラスチゾルインクは何度で何秒で良いのですか?」というものです。

この「良い」というものは、ウエア上でのプリントの「剥がれ」や「割れ」が起きずに、トラブルが起きないかという事です。
これに対して、インクメーカーは言い切ることができません。

なぜなら、言い切ることができるのは「インク自体」の硬化条件「のみ」だからです。

例えば、Excalibur 500/550 DirectPrintINK の場合はインク皮膜全体が160度で15秒に達したときに硬化します。

UNIONインクは一般的に150度で時間は明白にされていません。

版の膜厚も分からなければ、乾燥機材も分かっていない段階で、「これこれの条件で

Follow me!